韓国のSUPERRACE CHAMPIONSHIPのイベントスペースレポート!!


韓国インターナショナル・サーキットで開催された『アジア・モータースポーツ・フェスティバル』。


GT3車両で争われるブランパンGTワールドチャレンジ・アジアと併催された韓国の人気のモータースポーツカテゴリー『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』がメインのイベントです。


土曜日は観客も少なめではありましたが、『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』の決勝が行われる日曜日には多くの観客が訪れました。


韓国の最高峰カテゴリーである『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』のイベントスペースでは毎戦、飲食やグッズ販売のショップがイベントスペースに多数出展。


今回はそんなイベントスペースレポートをお届けいたします!!


サーキット内の一般駐車場を抜けてメインスタンドの裏まで歩きますと当日チケットの販売ブースがあり、ゲートを進めばイベントスペースが広がります。


ゲートを抜けて目立つスペースにブースを構えるのは『ASA』。


『ASA』は『Artisan Spirit Alloy』の略称。


韓国のホイールメーカーで、『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』の『ASA6000クラス』のスポンサーでもあります。


製品バリエーションも豊富。


日本のブランドのデザインイメージを取り入れたクレンツェやAMEっぽいモデルも見受けられましたが、製品の質そのものは悪くないかもしれないという印象を受けました。



ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアに参戦する韓国チーム『ndigo Racing』のブースも。


子供向け記念撮影などが行われていました。



ミニカートコースもありました、残念ながら私が訪れた際には受付も走行も終わっていました・・・



そしてここが1番の驚き!!


グランドスタンド裏にプールもあるという!!


ここまで大きなプールがあるのは日本ではまず見かけない光景です。


更衣室などは見かけなかったのですが、一体どこで着替えをしていたのでしょうかね。



韓国でもシミュレーターを通じたドライブ体験は人気。



『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』のオリジナルグッズを販売するお店も。


コンテナをそのままお店にしているスタイル。


韓国インターナショナル・サーキットには常設の飲食店はありません。


レースウィークのみ仮設店舗が出てきます。


こちらのコーヒーショップも『SUPERRACE CHAMPIONSHIP』のタイトルスポンサー『CJ財閥』のグループ企業の運営です。


他のお店はキッチンカーです!!


こちらはステーキ店です。


焼き鳥のお店。



そして、『たこ焼き専門店』も!!



テレビ大阪のイメージキャラクター『たこるくん』に雰囲気が似たキャラクターのイラストも。


配色が似ているだけで偶然でしょう。



まとめ

そのほかにも、韓国のタレントがパフォーマンスを行うステージがあったり・・・


少しだけ日本のSUPERGTと似ていると思う印象も受けました。


ただ、プールは驚きですね!!


水をどこに捨てるのか・・・日本でやろうとしたら結構大変そうだと思いました。


唯一の後悔は・・・ランボルギーニのラウンジでお腹いっぱいでキッチンカーのフードを試さなかった事!!


次、いつ韓国に行くかは定かではありませんが、次回は是非『韓国のサーキット飯』を試したいと思います。


ALL Photo&Text BY RacingDiary

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department