山口大陸の代役はハリソン・ニューウェイ!! F3でサッシャ・フェネストラズと直接対決?!


タイロクレーシング28号

2019年7月21日、B-Max Racing with motoparkから7月27日と28日に開催される全日本F3選手権の第13戦から第15戦までの3レースでハリソン・ニューウェイの起用を発表されました。



山口大陸/TAIROKU Racing

事の発端はTAIROKU Racingのオーナーであり、ドライバーの山口大陸選手の体調不良。


全日本F3選手権の第11戦と第12戦が行われた富士スピードウェイにTAIROKU Racingの車両とクルーは姿を見せましたがF3のセッションに出走することはなく欠場。


翌週のオートポリスで開催されたスーパー耐久の第4戦も『TAIROKU Racing with B-Max』は欠場、兄弟チーム『GOLDEX Racing with B-Max』から予定していたエイドリアン・ニューウェイ氏の参戦も延期となりました。


山口大陸選手はアマチュアながら今シーズンは富士24時間レースを含むスーパー耐久、全日本F3選手権、アジアF3などに参戦。


多忙な日々を送っており、鈴鹿10Hも控えていることからも大事をとってS耐に引き続き、F3SUGOラウンドも出場しないという判断のようです。



ハリソン・ニューウェイ/GOLDEX TAIROKU Racing SF19

代役を務めるハリソン・ニューウェイといえばスーパーフォーミュラで『GOLDEX TAIROKU Racing SF19』を走らせていることからもお分かりの通り、TAIROKU Racingとの関係は大変良好。


長年山口選手が走り続けてきたF3マシン『タイロクレーシング 28号』に乗る代役としては一番の適任者とも言えます。


来シーズンを見据えて日本のサーキットでの経験を踏みたいハリソン・ニューウェイとしてもSUGOに対する理解を深める貴重な機会。


TAIROKU Racingのメンテナンスを務めるB-Max Racing with motoparkとしてもF3のエース、『サッシャ・フェネストラズ』とニューウェイの比較ができる機会でもあるとのことで、SUGOでのレースは注目度が高いレースとなりそうです。


サッシャ・フェネストラズ/B-Max Racing with motopark

サッシャ・フェネストラズは今シーズンの全日本F3選手権のランキングトップで同時にGT300クラスにもKondo Racingから参戦しポールポジション獲得などの結果を出し、来日初年度ながら知名度も高まってきた期待の19歳のフランス人。


当然今シーズン全日本F3チャンピオンを獲得すれば、「次はスーパーフォーミュラ」と本人談ですが、現在所属しているB-Max Racing with motoparkからルーカス・アウアーとハリソン・ニューウェイが参戦。


つまり、SUGOラウンドは来期のスーパーフォーミュラのドライバー選考の参考データにもなりうるレースであるのです。


B-Max Racing with motoparkとしてもチームポイントランキングで争うトムスとのポイント差を広げたいという思惑もある模様。


ニューウェイはフェネストラズだけではなく、トムスの宮田&小高コンビに対しどこまで戦えるのかも要注目です。


スポット参戦でどこまでやれるかは未知数ですが、どんな結果になっても来シーズンのスーパーフォーミュラのシート争いにも影響の出る大会となりそうで非常に楽しみです。





最後に

山口大陸

ハリソン・ニューウェイを代役に起用することで全日本F3選手権を盛り上げる結果となったTAIROKU Racingの山口大陸選手。


2019年シーズンはより密度の高いシーズンを送って日々成長し続けてきただけに体調不良による欠場が続くのは大変残念です。


万全の状態でモータースポーツに復帰されることを心より願っております。



Text&Photo BY RacingDiary

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department