SUPERGTも鈴鹿10時間もこの1枚でOK!! ”特典マシマシ、コスパ最強のチケット”『GT10プラス』とは?




2019年5月5日に前売りチケットが販売開始となった”2019 第48回サマーエンデュランス”BH オークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース”。


今年のトピックスはマクラーレン 720Sでミカ・ハッキネン選手が現役復帰。


そして脇阪寿一選手脇阪薫一選手の脇阪兄弟の参戦、小林可夢偉選手グッドスマイルレーシング、ル・マン24時間出場が決まったCARGUY Racingの凱旋、TAIROKU Racingから本山哲選手の参戦と注目ポイントは沢山あります。

10時間レースとしては2度目、鈴鹿1000キロから続く夏の耐久レースとしては48回目となる今回、普段はSUPERGTのシリーズ戦やスーパー耐久しか見に行かないという方も気になる存在のレースではないでしょうか。


昨年は2日間で2万7000人の来場者が訪れました、正直、鈴鹿1000km時代より大幅に来場者数が減少しましたが、今年は来場者数の増加は必須。


そこで今回は2019 第48回サマーエンデュランス”BH オークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース”のお勧めチケットをご紹介。


中でも、コスパに優れており学生でも手が届きやすいチケットをピックアップしました!!



SUPERGTと10時間レースの観戦券セット「GT10プラス」10,000円


SUPER GT 第3戦 鈴鹿 GT300kmと鈴鹿10時間耐久レース のセット観戦券、価格は10,000円です。


鈴鹿10時間耐久レースの前売り観戦券は3日間入場可で5,700円


SUPER GT 鈴鹿 GT300kmの前売り観戦券は3日間入場可で5,700円


2つのレースの前売りチケットよりも1400円お得になっています。





そして、さらには”SUZUKA RACE OF ASIA”の観戦&パドック入場も可能という特典も!!




この”SUZUKA RACE OF ASIA”はブランパンGT・アジアシリーズランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズアジアF3選手権という、アジアで開催されているレースの鈴鹿ラウンドの総称です。


ブランパンGTアジアシリーズには鈴鹿10時間耐久レースに参戦するエントラントも多く、鈴鹿10時間耐久レースの前哨戦とも称される、”SUZUKA RACE OF ASIA”のメインレースです。


ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズはランボルギーニが主催する”世界一速いワンメイクレース”と呼び声もあるレース。


全ての車両が、ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVOというモデルでレースが争われます。


こちらのレースには日本の根本悠生選手が出場することからも要チェックです。


アジアF3選手権は、FIAが提唱するリージョナルF3規格で開催されるレース、開幕のセパンラウンドでは笹原右京選手が3レース中2勝、2位が1回でポイントランキングトップ。


ジェントルマンレーサーのクラスである”アジアF3選手権 マスターズカップ”ではDRAGON選手山口大陸選手も参戦と日本のレースで馴染みのドライバーが参戦しています。


そんなアジアF3選手権の初の日本ラウンド。


リージョナルF3規格のレースはまだ日本では開催がない為、ミドルフォーミュラがお好きな方にお勧めなレースとなります。


そんな注目度の高い”SUZUKA RACE OF ASIA”ですが、前売りでパドックパスが付いて2000円というチケット価格。


鈴鹿 GT300km、鈴鹿10時間耐久レース、”SUZUKA RACE OF ASIA”という3つのイベントを前売り券でそれぞれ購入すれば13,400円かかります。


それが「GT10プラス」だと10,000円で観戦できるのです!!

単純に価格だけでも3,400円もお得ですが、購入特典として先着で”特製オリジナルプラスチックパス”になります!!

*数に限りがあるそうです。詳しくは鈴鹿サーキットのHPをご確認ください。


さらに、”子供と一緒にキャンペーン”という鈴鹿10時間耐久レースの際、『GT10プラス』所持1名につき、子供5名まで観戦のみ無料という特典も!!


さらにさらに、鈴鹿10時間ではGT10プラスのパス提示にて、V1スタンド、B・Qエリア入場可能という特典をこれでもかと入れ込んだチケットとなっております。


なんというコスパ!!と初見の際にはかなり驚いた筆者です。


まとめ


鈴鹿10時間耐久レースではVIPスイート・プレミアムやカ・ハッキネン選手を応援する10Hファンテラスなどの65,000円や40,000円のチケットでしか味わえない体験もあります。


ル・マン式のダミーグリッド、ミカ・ハッキネン選手のサイン会もいいなぁとは思いますが、お財布のことを考えて躊躇してしまう人も(私を含め)いらっしゃると思います。


今回、1人のファンとして、鈴鹿10時間に行くために、お財布が常に、薄い、軽い筆者が前売りチケットを買うならと悩み「GT10プラス」に「パドックパス」だと思ったことからこの記事を書いてみました。


パドックパスで入れる”激感エリア”からGT3車両をたっぷり撮影し、さらに、東コースから西コースにかけて満遍なく写真を抑えたいという欲求からです。


もちろん、私もSUPERGTもSUZUKA RACE OF ASIAも現地で楽しむ予定です。


鈴鹿は現地観戦派という方で「ラウンジやVIPスイート・プレミアムはいいや」と思われた方にはぴったりかと思います。


GT3の世界一決定戦と言っても過言ではない”鈴鹿10時間耐久レース”をお得に観戦する際にはコスパ最強のチケット「GT10プラス」をお勧め致します!!


ロゴ&チケットイメージ画像引用元URL:https://www.suzukacircuit.jp/10h/ticket/page1/

その他画像 ©️RacingDiary

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department