SUGOまでシャトルバスで行ってみたレポ


4月27日から28日にかけてスポーツランドSUGOにて開催されたスーパー耐久2019 第2戦。


開幕戦に引き続き、現地入りしたレーシングダイアリー編集部でしたが、実はSUGOに来るのは今回が初めて。


仙台市内に宿泊しながらの週末でしたが、その際にスポーツランドSUGOと仙台駅の移動はシャトルバスを利用しました。


そこで、今回はそんなシャトルバスレポートをお送りいたします。


スポーツランドSUGOは仙台のイメージがあるかもしれませんが、実は仙台市内ではなく仙台駅からクルマで約30分の宮城県柴田郡村田町菅生にあります。


山間部で近隣には鈴鹿サーキットのような鉄道駅もないため、公共交通機関を使うとなると仙台駅からのシャトルバスかタクシーしかありません。


シャトルバスはイベント開催時の臨時便となります。

そのため2019年のスーパー耐久でしたら以下のような時刻表で運行。


なお、観戦したいイベントでシャトルバスの運行があるか、また時刻表はイベントスケジュールによってその都度変わりますのでスポーツランドSUGOのHPをご確認下さい。


本数も少ないため、乗り過ごさないためにも早めに乗り場で待っているのがおススメです。


乗り場/乗る際に知っておきたいポイント

バスは仙台駅西口のバスターミナルの8番乗り場から乗車。

(写真では一見7番乗り場ですが、行列が7番乗り場まで続いています)


なお、バスプールの拡張工事中とのことでしたので、今後は乗り場が変更になる可能性も。


時刻表では1時間でSUGO到着予定となっておりますが、実際には50分ほどで到着。


バスはSUGOの敷地には入らず、ゲート前までとなります。


搭乗時に知っておきたいメモ


バス自体は出発5分前になるまで乗り場にやって来ません。


運転手さんも案内してましたが”全ての交通系ICカード”に対応しています。


ICカードは搭乗時に入口の読み取り機に必ずタッチしましょう。


料金は、大人片道1060円、子供は530円。


土曜日には立ち乗りのお客さんは居ませんでしたが、日曜日には満席で3名ほど立ち乗りの方も…


途中停車はありませんのでおトイレは確実に行っておきましょう!


SUGO発仙台駅行きの降り場

SUGO発、仙台駅行きの場合、降り場はバスプールではなく、仙台駅前の交差点にある仙台駅前61番バス停です。


そのため、仙台駅までは少し距離がありますので、新幹線の指定席は余裕を持った時間の物を買っておきましょう。


おまけ

もし、乗り物酔いの激しい方がいらっしゃいましたら、酔い止めをしっかりと飲んでおきましょう。


仙台市内から離れ、SUGOに近づけば近づくほどバスもアップダウンの激しい道を進みます。


サーキットで楽しく、気分良くレースを観るためにも万全の対策をお勧めいたします。


ALL Photo By Racing Diary





1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department