スーパーフォーミュラ 開幕戦でゲットした無料グッズ特集!!


サーキットに出かけるとついつい色々買っちゃって帰りしな財布がすっからかん!!


なんてことを毎回のようにしてしまう、そんな方っも多いのでは?(私もですが^^;


ということで、今回は全日本選手権スーパーフォーミュラ 開幕戦 鈴鹿サーキットで手に入れたスーパーフォーミュラ関連の無料グッズをご紹介!!



タブロイド紙「STAGE」

タブロイド紙「STAGE」2019 Vol.1

スーパーフォーミュラ開催中のサーキットでのみ配布される無料のタブロイド紙「STAGE」は毎号注目ドライバーへのインタビューを掲載。


鈴鹿で配布された2019年のVol.1はチーム無限のダニエル・ティクトゥム選手への

インタビューを表紙に、今期はピットレポーターとしてスーパーフォーミュラを盛り上げる千代勝正選手の「千代勝正が語る鈴鹿サーキット」というコラムや、Carrozzeria Team KCMGの監督に就任した松田次生監督のインタビューを掲載。


レースウィークのタイムスケジュールやイベントスケジュールも掲載され、読み応えのあるタブロイド紙となっています。


鈴鹿サーキットの場合、配布場所はGPスクエア等でした。


「STAGE」はスーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)が発行しており、しばらくすればスーパーフォーミュラの公式WEBサイトで紙面データがPDFで公開されます。



SUPERFORMULA HANDBOOK 2019

SUPERFORMULA HANDBOOK 2019

こちらも日本レースプロモーション(JRP)が発行する「SUPERFORMULA HANDBOOK 2019」です。


こちらはピットウォーク中にスタッフさんが配られているものを頂きました。


こちらは子供でも読めるよう漢字にルビが振られ、写真やイラストもたくさん載っておりますが、大人でも十分に楽しめる本格的な冊子となります。


「2スペックタイヤ制&OTS」の解説はスーパーフォーミュラの公式WEBサイトにも載せればいいのに、と思えるほどわかりやすく書かれていました。


その他には「レース用語集」やスーパーフォーミュラの記録をまとめた「スーパーフォーミュラ記録室」など


SUPERFORMULA HANDBOOK 2019

上の写真にはボカシ入れております、是非サーキットでお手にとってじっくり読んでいただきたい頂きたい1冊です。



小林可夢偉/KCMG ドライバーズカード

小林可夢偉/KCMG ドライバーズカード

サーキットでしか手に入らないものというとまず、これを思い浮かべる方も多いのでは?


ピットウォーク中に行われるドライバーサイン会の前後で配られるドライバーズカードです。


小林可夢偉/KCMG ドライバーズカード

早速、デイトナ24時間優勝の実績が掲載されていました。


ドライバーにサインが欲しい!!と思って色紙や写真を持ってきているお客さんも入れば、そう行ったものを持っていない方も沢山いらっしゃいます。


また、円滑に、ハイスピードにサインの回数を稼ぎたいという思惑もありチーム側がこのようなカードを用意する場合もあります。


厚紙でマットな印刷がなされています。


(早速オークションサイトに出品されてるし・・・)



Harrison Neway/GOLDEX Racing Team B-MAX with Motopark ドライバーズカード

Harrison Neway/GOLDEX Racing Team B-MAX with Motopark ドライバーズカード

今シーズンから参戦のハリソン・ニューウェイ選手のドライバーズカード。


こちらもサイン会用に用意されたものですが、裏を見てみたらコンビニの写真プリント(汗)


もしかしたら、予選日の走行写真を元に、GOLDEX社のロゴや右下の写真を重ねて急ぎ作ったのかもしれません。


ただ、写真プリントだけあって艶のあるカードです。


せっかくなのでサインを頂こうと思いましたが、流石は人気チーム、列がまだまだ残る中でサイン会は終了となりました。



番外編:山本左近氏 討議資料(パンフレット&プロフィールカード)

山本左近氏 討議資料

ここ最近、Twitterが活発になった山本左近氏も鈴鹿に来られ、秘書さん?スタッフさんがパンフレットとプロフィールカードを配布。


ご本人はピットウォーク中、選挙活動の先輩でもある舘信秀氏が率いるTOM'sチームのピット前でサイン会を開催。


積極的に握手や記念撮影に応じる山本氏は、心なしか「政治家の顔」だなぁと感じました。


鈴鹿2&4レースに現れた山本左近氏

スタッフさんもパンフレットやプロフィールカードを配ることに必死で私は3回ほど「これ貰いました?!」とお声が頂くほど(汗)


レースグッズとは少し違いますが、比較的手に入れやすいグッズの1つでした。



まとめ

鈴鹿サーキット

今回、グッズは二の次だったのでそんなに沢山は頂いておりませんが、ご紹介した内容はほんのごく一部だと思います。


それらはサーキットに行かないと手に入らないものも多いので、チームやスポンサー企業からの配布情報などを見かけて「あ、欲しいかも」と思った方は是非スーパーフォーミュラも現地に行かれて観戦しましょう!!


ALL Photo By Racing Diary

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department