マレーシアの新チーム『レガシー・レーシング』がGTワールドチャレンジ・アジアに参戦。女性ドライバー、レオナ・チンがデビュー!!


2020年、マレーシアに誕生したレガシー・レーシングは、メルセデスAMG GT3を導入し、2020年のGTワールドチャレンジ・アジアのアマクラスにデビューすることを発表した。


レガシー・レーシングはマレーシア・チャンピオンシップなどに出場したTedco Racingによって運営され、スタントドライビングとドリフトの2つの分野で活躍するマレーシア人、レオナ・チンとトウンクー・ジャン・レイがドライブします。




レオナ・チンはミニチャレンジ・アジア、ルノー・クリオカップ・チャイナ、セパン・サーキットで開催されるマレーシア選手権に参戦した38歳の女性ドライバー。


日本では5年ほど前に「自動車教習所で指導員にドッキリを仕掛ける女性プロドライバー」としてネットを中心に話題にもなっています。


一方、トウンクー・ジャン・レイのレース歴は24年に及び、日本のSUPER GTセパン・ラウンドへのワイルドカード参戦や、セパンでの連続したセパン12時間レースでの総合優勝などを経験。


しかし、彼は近年「Prince of Drift」というニックネームで知られており、2009年と10年にFormula Drift Asiaのチャンピオンに輝き、昨シーズンのFIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップで7位になる等、ドリフト界でも活躍していました。





レオナ・チン

「GTシリーズでレースをすることは常に私の夢でした。そのため、アジアで最も権威のあるGTシリーズでチャンスを得ることができ、とても素晴らしいです。美しいメルセデスAMGはもちろんのこと、GT3カーでレースをするのは初めてなので、厳しい1年になるでしょう。しかし、これまでレースをしたことのない新しいサーキットを訪れることも非常に楽しみです。GTワールドチャレンジ・アジアに参戦することで、非常に高いレベルのレースで素晴らしい経験を得ることができるでしょう」



トウンクー・ジャン・レイ

「新しいオール・マレーシアのチームで迎えるシーズンを楽しみにしています。レオナと私はGTレースの新人ですので、アマクラスで競争力をつけたいと思っています。GTワールドチャレンジ・アジアはアジアで最高レベルのレースを繰り広げているため、簡単ではありませんね」



ルーベン・ウォン(チーム代表)

「GTワールドチャレンジ・アジアにGTレースの新参者として、これまで参戦してきた他のチームとドライバーに追いつくためには深く掘り下げる必要があります。しかし、ドライバーとクルーが全員マレーシア人であるチームのほうが、かっこいいでしょう」



Photo:Legacy Racing

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department