BMW Team Studieが2020年スーパー耐久ST-Zクラスに参戦するジェントルマンドライバーを募集!!


2019年シーズンのブランパンGTワールドチャレンジ・アジアのGT4クラスチャンピオンであるBMW Team Studieの鈴木康昭代表が自身のブログにて、「まだ参戦発表前ですが 今年のSUPER耐久 ST-Zクラスへのジェントルマンドライバー募集致しますッ!(一部抜粋)」と2020年のスーパー耐久シリーズのST-Zクラスへの参戦を明かすとともに、BMW M4 GT4をドライブするジェントルマンドライバーの募集を発表した。


募集の理由に関してはこれまで予定していたドライバーがライセンスの問題で参戦できなくなったためとしている。


ジェントルマンドライバーのパートナーには木下隆之選手、砂子塾長選手が務めるとのことで、ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアのGT4クラスを制した強力な体制でスーパー耐久に挑むこととなる。


応募先は鈴木BOB康昭 公式ブログのジェントルマンドライバー募集ッ! を確認頂きたい。


なお、スーパー耐久シリーズへの参戦には国際C級ライセンス以上が必要となる。


Photo:RacingDiary編集部

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department