SONY コンセプトカー『Vision-S』を発表!!!


ソニーは、米国ネバダ州ラスベガスにて現地時間1月7日(火)より開催される世界最大の技術見本市「CES 2020」に出展。


ソニーはモビリティにおける安心・安全から、快適さやエンタテインメントなども追求する取り組みを、新たに「VISION-S(ビジョン エス)」として推進している。


その一環で開発された試作車が「CES 2020」のソニーブースでお披露目となった。



本試作車は、ソニーのイメージング・センシング技術をはじめ、AIや通信、そしてクラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ進化し続けるとしている。


車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど数種類のセンサーを合計33個配置。



また、没入感のある立体的な音場を実現する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供します。



フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを搭載し、直観的操作で様々なエンタテインメントコンテンツを楽しめる形とした。


こちらの試作車は市販の予定はないとのことだが、ソニーは今後、最先端テクノロジーを組み合わせ、安心・安全かつ、新たな感動をもたらす車内エンタテインメントの実現を目指すとしている。




スペック

全長:4,895mm

全幅:1,900mm

全高:1,450mm

ホイールベース:3000mm


定員:4名(個別座席スピーカー付き)

パワー:200 kW x 2(フロント&リア)

総重量:2,350 kg

0-100km加速:4.8秒

最高速度:時速240km

足回り:ダブルウィッシュボーン フロント/リアサスペンション/エアスプリングシステム

駆動:全輪駆動

タイヤ:245 / 40R21(フロント) 275 / 35R21(リア)



Photo:Sony

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department