ナレイン・カーティケヤン、SUPER GTシリーズを勇退。



2019年1月6日、有限会社 中嶋企画は昨シーズンModulo Nakajima RacingのドライバーとしてSUPERGT GT500クラスに参戦したナレイン・カーティケヤンがSUPER GTシリーズから退くことを発表した。

ナレイン・カーティケヤンの2019年は、シングルシーターからスポーツカーへの移行の年であり、SUPER GTでHonda NSX-GTでレースをするという彼のレースキャリアの新たな章の始まりだった。


これは、レースキャリアのすべてをシングルシーターで過ごしてきたレーシングドライバーにとっては大胆なものだったが、ナレインの豊富な経験によりそれはエキサイティングな挑戦となった。


SUPER GTの500クラスの車両は間違いなく世界最速の「ハコ車」レーシングカーであり、昨年11月に富士スピードウェイで行なわれたDTM x SGT特別交流戦で優勝したナレイン自身が適切に実証した点でもあります。


ナレインの特別交流戦での勝利は、菅生での初表彰台獲得からわずか数週間後のことであり、ナレインの最初のシーズンを成功で締めくくることになりました。


そして、ナレインにとっては技術面でも挑戦的な年となった。


ナレインはダンロップタイヤの主要テストドライバーを務め、SUPER GTのタイヤの開発に携わりました。


SUPER GT は、4つの異なるタイヤメーカーで「タイヤ戦争」を全面的に保持している世界で唯一のシリーズです。


ナレインは、年間を通じて多くのタイヤテストで何千キロものテストを実施しており、彼のキャリアの中で最も忙しいコース上で過ごした1年となりました。


このような素晴らしい年の後、ナレインは2020年を待ち望み、新たな挑戦を追うことを楽しみにしています。


ナレインは、SUPER GTとその苛烈な開発及びレースから退き、他の自動車関連ビジネスベンチャーの開発に集中する。


今後も彼は他のシリーズでもレースを続け、それは適切な時期に発表されることになるだろうとのことだ。



中嶋 悟 コメント

「ナレインは2019年、Honda NSX-GTの新しい要求に非常に良く順応しました。今年は難しいスタートでしたが、シーズン後半には、彼の勤勉さと強い仕事倫理がよく示されており、彼のパフォーマンスは非常に良いものでした。DTM x SGT特別交流戦での彼の勝利は非常に難しいものでしたが、彼は見事に走り切り、世界で最高のレーシングドライバーたちに勝つことができました。我々は彼が2020年以降もNAKAJIMA RACINGでレースを続けることを望んでいましたが、ナレインはビジネス界の一部を含む他の機会を模索することにしました。それでも彼は常にNAKAJIMA RACINGファミリーの一員です。我々は皆、彼が将来の試みでうまくいくことを望み、彼を再び家族に迎え入れることを楽しみにしています」



ナレイン・カーティケヤン コメント

「2019年は私にとって素晴らしい年でしたが、非常に忙しい年でもありました。私は何度も日本に行き、実際数え切れなくなりました。DTM x SGT 特別交流戦で優勝するという、これまでで最も素晴らしい内容で私の1年は締めくくられました。悟さんとNAKAJIMA RACINGの皆さんに、本当に素晴らしい年にしてくれたことを感謝しています。私は数年前から日本で彼らとレースをしてきましたが、日本に2番目の家族がいるような気がします。彼ら全員、特にモータースポーツの真のレジェンドである悟さん自身と一緒に仕事をすることはとても光栄でした。HondaをはじめModuloやダンロップとも一緒に仕事ができてとても素晴らしかったし、彼らの完全な信頼とサポートが得られ、とても幸運でした」



Photo:Honda

Edit:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department