2020ドバイ24時間直前!! TCRクラスのエントリーリストいっき読み!!

2020年1月9日~11日までドバイ・オートドロームで開催されるドバイ24時間レースには70を超えるエントラントが集結しました。


今回は、ドバイ24時間レースにエントリーした『TCRクラス』に参戦する総勢16台の車両、ドライバー、チームをご紹介します!!


2020年のドバイ24時間レースの中でも単一クラスとしては最も台数が多いことから、激戦が予想されるだけに、1台1台のドライバー、車両、チーム体制をチェックしておこう!!




101号車 Red Camel-Jordans.nl  Cupra TCR DSG

イボ・ブルーカーズ

ヘンリー・リッティヒ

ジェレミー・ダニエル

ジャン・フランソワ・ヘヴィー


TCR・ミドルイースト(中東選手権)に参戦したオランダのレーシングチームRed Camel-Jordans.nl。カナダツーリングカー選手権のTCRクラスに参戦するジャン・フランソワ・ヘヴィー、ジェレミー・ダニエルがチームに加入し、チーム代表のイボ・ブルーカーズもドライバーとして参戦する。




107号車 BBR  Cupra TCR DSG

カンタディー・クシリ

カンタサック・クシリ

アヌソーン・アシラレルツィリ

ムンコン・サティエンティラクル

チャリヤ・ヌヤ


BBRのドライバーの中でセミプロは2名。カンタディー・クシリは2016年までユーロフォーミュラオープンに参戦し、翌年ツーリングカーに転向しTCRアジアとタイランド・スーパー・シリーズのチャンピオンを獲得。2018年にはSUPERGTのGT300クラスにタイラウンドのワイルドカードとして参戦した経験も。カンタサック・クシリはブランパンGTアジアの他、アウディR8LMSカップなどに参戦。ドライバーは全員タイ国籍だ。




110号車 Lestrup Racing Team  Volkswagen Golf GTi TCR DSG

ピーター・ファルストローム

マッツ・オルソン

ステファン・ニルソン

クリスチャン・アクセルソン


Lestrup Racing Teamは2013年にレーシングドライバーのフレドリック・レストラップと起業家のトッテ・マルムクヴィストが設立。近年はGT4スカンジナビア選手権にBMWで参戦。ドバイ24時間レースにはTCR2台体制でエントリー。2台ともドライバーは全員スウェーデン人ドライバーとなる。




111号車 Lestrup Racing Team  Volkswagen Golf GTi TCR DSG

ハンネス・モリン

マーティン・オーリン

オリバー・セーデルストローム

マーカス・フラッチ


Lestrup Racing Teamは2013年にレーシングドライバーのフレドリック・レストラップと起業家のトッテ・マルムクヴィストが設立。近年はGT4スカンジナビア選手権にBMWで参戦。ドバイ24時間レースにはTCR2台体制でエントリー。2台ともドライバーは全員スウェーデン人ドライバーとなる。




112号車 Autorama Motorsport by Wolf-Power Racing  Volkswagen Golf GTi TCR DSG

アルベルト・ベスコビ

ロベルト・フェリ

ミクラス・ボーン

コンスタンティン・クレッツァー

ヤニック・メトラー


2019年のドバイ24時間レースでTCRクラス優勝を獲得した112号車は一部メンバーを変更。新加入のコンスタンティン・クレッツァーは弁護士だが、長年ニュルブルクリンクを中心にレースに挑戦。唯一のプロドライバー、ヤニック・メトラーはニュルブルクリンク24時間レースでSP10クラスの優勝ドライバーの一人でもある。




114号車 Autorama Motorsport by Wolf-Power Racing  Volkswagen Golf GTi TCR DSG

キム・ホルムガード

マーティン・ヴェベル フェリーチェ・ジェルミニ

マシュー・デトライ


昨年優勝のAutorama Motorsport by Wolf-Power Racingは2020年車両を1台増やし参戦。

チームで唯一のシルバーグレードのマシュー・デトライはTCRの他、GT4ヨーロピアン選手権にも参戦。イタリアの若手フェリーチェ・ジェルミニはクリオカップイタリアでチャンピオンを獲得している19歳、チーム最年長のキム・ホルムガードとは32歳も年齢が離れている。




116号車 Atech Racing  Seat LCR TCR V3 DSG

ピーター・イングランド

ウィル・モリソン

コリン・ボイル ジュリアン・グリフィン


同名ブランドのレーシングスーツメーカーとは関係がないUAEのレーシングチーム。ドバイ・オートドロームで開催されるアマチュアレースのメンテナンスを請け負っており、ドライバーも年に1回のビッグレースを楽しむために参戦している。昨年は13時間をすぎてリタイア。





112号車 KCMG  Honda Civic FK7 TCR

ポール・イップ

ジム・カー・トゥ

アンディ・ヤン

ケネス・マー

ヘンリー・リー・ジュニア


アジア代表、KCMGのドライバーラインナップは非常に興味深い。まず、チームオーナーのポール・イップ氏とジム・カー・トゥの2人はスーパー耐久のST-TCRクラスでもお馴染み。アンディ・ヤンは2016年TCRアジアチャンピオン。ケネス・マーはレーシングドライバーでありながら、アジアン・フォーミュラ・ルノーやクリオカップ・アジアのプロモーター『FRD Motorsports』のCEOも務める。ヘンリー・リー・ジュニアは1988年にマカオのギア・レースを走った香港の大ベテランドライバー。という平均年齢は高めだが、香港の著名なレーサーが集結している。唯一のホンダ勢ということでも注目だ。




131号車 TOPCAR Sport with Bas Koeten Racing  Cupra TCR DSG

カリペッカ・ラクソネン

アンティ・ブリ

ファビアン・ダンツ

ジュリアン・アポテロス


カリペッカ・ラクソネン(オランダの物グループSamskipのCEO)とアンティ・ブリは2019年TCRスパ500でBas Koeten Racingを総合3位に導いた2人。TCRドイツに参戦するスイスのTOPCAR Sportとのジョイント体制だ。




133号車 Zengo Motorsport  Cupra TCR DSG

ゾルタン・ゼングー

チャバ・トート

ガボール・キスマルティ・レヒナー

タマス・ホルバース


2010年から2017年までWTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦し、2013年から2017年のWTCC終了までホンダ・シビックWTCCしたハンガリーのゼングー・モータースポーツ。

2018年までWTCRにCupra TCR DSGで参戦していた。

チームオーナーのゾルタン・ゼングーを筆頭にハンガリー人4名で参戦する。




138号車 Team Dynamics Motorsport Audi RS3 LMS SEQ

ウィル・ニール


本記事編集時のエントリーリストではウィル・ニール以外のドライバーはTBNとなっている。

長きに渡りホンダ車両でBTCCを戦い、現在もスポンサーの名を付けた『Halfords Yuasa Racing』の名前で参戦を続けている。




154号車 QSR Racing  Audi RS3 LMS DSG

154号車はまだドライバーの発表が行われていない。FIA-GT4車両に独自改造を施しドバイ2020年24時間レース GTXクラスにも参戦、ベルギーのGTレースにおいて独自解釈をふんだんに盛り込んだFIA-GT2風車両を製作し、エントリーを企むQSRレーシングだが、アウディRS3 LMS DSGには改造を施さず参戦を考えているようだ。




169号車 Bonk Motorsport  Audi RS3 LMS DSG

ヘルマン・ボック

アンドレアス・メントマン

マイケル・ボンク

マイケル・メイヤー


ニュルをホームコースとするドイツのチームはオール・ドイツ体制。主戦場のVLNではBMWユーザーだが、TCRではアウディを操る。




172号車 Nordschleife Racing  Peugeot 308 Racing Cup TCR

ティエリー・ボイヤー

フィリップ・バフォン

ティエリー・チュコンダリ ブルーノ・デロッシ

リス・ロイド


ニュルブルクリンク北コースのノルトシュライフの名を冠したチームは意外にもフランス国籍のチーム。ドライバーもウェールズ出身のリス・ロイドを除き4人がフランス人です。




175号車 NKPP Racing by Bas Koeten Racing  Cupra TCR DSG

ギス・ベセム

ハリー・ヒルダース

ボブ・ハーバー

ウィレム・メイジャー


131号車と同じく、Bas Koeten Racingがチーム運営を担うオランダ国籍のチーム。チームの中心人物ギス・ベセムは不動産仲介業を営む。ボブ・ハーバーはジェントルマンながらバルセロナ24時間などで優勝経験もある。ジェントルマンに囲まれる中、20歳のウィレム・メイジャーはツーリングカーキャリアを積んでいる真っ最中だ。




188号車 AC Motorsport  Audi RS3 LMS DSG

ステファン・ペリン ヴィンセント・ラダーメッカ

トム・ブーネン

ジル・マグナス

マシュー・タスキネン


ベルギーでVWファンカップカーのレンタルや体験走行、そしてネット通販によるレーシングカー部品の販売を行うAC Motorsport。ベテランのヴィンセント・ラダーメッカに加え、FIAモータースポーツゲームのツーリングカーカップにベルギー代表として参戦した20歳ジル・マグナスを要する体制でドバイ24時間に挑む。



Photo:24hseries

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department