マイヤー・シャンク・レーシング、道見真也の乗る86号車NSXのカラーリングを公開!!


2020年、IMSA ウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップのGTDクラスに参戦するマイヤー・シャンク・レーシングは86号車アキュラ NSX GT3のカラーリングを発表した。


カーナンバー86の『AutoNation Acura NSX GT3』はマリオ・ファーンバッハーとマット・マクマリーの2名のレギュラードライバーに加え、デイトナ24時間を含む『IMSA ミシュラン・エンデュランスカップ』では第3ドライバーに日本の道見真也、デイトナ24時間のみ第4ドライバーにフランスのジュール・グーノンを起用する。


こちらのアキュラ NSX GT3は、メインスポンサーであるアメリカの大手カーディーラーの『AutoNation』が展開する『DRV PNK(乳がんの研究と治療の支援プロジェクト)』のイメージカラーであるピンクに彩られる。


『AutoNation』が2015年から展開する『DRV PNK』では、これまでにがん研究の為に2,000万ドル以上を調達し、寄付を行なっている。


マイヤー・シャンク(チーム代表) 「2020年シーズンに向けて再びAutoNationと提携できることを非常に楽しみにしています。AutoNationがDRV PNKで行っていることは私たちにとって本当に重要であり、このカラーリングを纏うことは、AutoNationが乳がんとの闘いを支援するために、何をしているのかを知る素晴らしい方法です」



Photo:MEYER SHANK RACING

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department