GRスープラのGT300車両か?! 富士スピードウェイのスポーツ走行枠に登場!!


2019年12月27日。


世間では仕事納めの人も多い年末、富士スピードウェイに見慣れぬ車両が現れた。


同じ走行枠で走る別の車両を撮影しようと富士スピードウェイを訪れたりょうじんさん がその姿を捉え、Twitterにアップしたところ大きな反響を呼んだ。


車両はGRスープラをベースとしていると思われ、サイド出しマフラー、フロントカナード、そしてGT300車両の印である『黄色いライトカバー』から、2020年にデビューを予定しているJAF-GT車両ではないかと推測できる。


タイヤメーカーは写真では判別できないが、現地の情報によればブリヂストンのスタッフの姿がピット内で目撃されている。


迷彩模様を纏っているが、迷彩の柄をよく見てみると『埼玉トヨペット Green Brave』のチームロゴであることがわかる。


SUPERGTのGT300クラスにマザーシャーシを使用した『マークX MC』で参戦していた『埼玉トヨペット Green Brave』だが、『マークX MC』の使用は2019年シーズンまで。


2020年シーズンより、使用される車両に関しては様々な噂が飛び交ったが、一連の議論には終止符が打たれることになりそうだ。



Photo:りょうじん様 *掲載許諾確認済

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department