スズキ 東京オートサロン2020出展概要発表。『スイフトスポーツ カタナエディション』など3台の参考出品も。

スズキ株式会社は、2020年1月10日(金)から12日(日)まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、参考出品車3台を含む全10台を出品することを発表した。


今回のスズキブースでは、12月24日に発表した新型「ハスラー」をベースに、ストリートスポーツをイメージした「ハスラー ストリートベース」や、マリンレジャーをイメージした「ジムニーシエラ マリンスタイル」、大型二輪車「KATANA(カタナ)」の力強さと美しさをイメージした「スイフトスポーツ カタナエディション」など、個性豊かにカスタマイズした車両が参考出品される。


それでは参考出品となった3台をご紹介しよう。




ハスラー ストリートベース(参考出品車)

『ハスラー ストリートベース』は街中でBMXやスケートボード、ダンスなどストリートスポーツを楽しむ若者の遊びの基地となる、新型「ハスラー」をベースにしたコンセプトモデル。


外装はコンテナをイメージしたマットカラーを採用。


内装はスピーカーとイルミネーションによりライブ会場のような音楽と光の世界を表現しているとのこと。




ジムニーシエラ マリンスタイル(参考出品車)

『ジムニーシエラ マリンスタイル』は「ジムニーシエラ」をベースに、洗練された大人のマリンレジャーをイメージ。


外装には釣り竿を収納できるロッドケースを備え、内装にはウェットスーツの素材を用いるなど、実用性と大人のおしゃれを兼ね備えたカスタマイズを施した。


優れた走行性能を備えた小型艇「S17」と一緒に展示する。




スイフトスポーツ カタナエディション(参考出品車)

『スイフトスポーツ カタナエディション』は「スイフトスポーツ」に大型二輪車「KATANA」の力強さと美しさを表現したコンセプトモデル。


「KATANA」の造形をヒントに、外装はワイド化して迫力を増したフェンダーにより、グラマラスなシルエットを強調している。


内装は熱を帯びたマフラーを彷彿させるグラデーションチタンをインパネなどに加飾することで、力強さと美しさをプラス!!


また、「KATANA」と一緒に展示し、内外装ともに「KATANA」のカラーとリンクする赤いアクセントを随所に施している。



その他展示車両


軽乗用車:新型ハスラー(2台)、ジムニー、スペーシアカスタム、アルトワークス

小型乗用車:スイフトスポーツ、クロスビー


また、スズキブースには『スイフトスポーツVRシミュレーター』も設置される。



Photo:スズキ株式会社

Edit:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department