2020年 スーパーフォーミュラ"統一規則"発表!! 獲得ポイントの変更に加え、FCYが採用される。



日本自動車連盟(JAF)は12月25日、「2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則」を発表しました。


こちらではスーパーフォーミュラで毎戦与えられる選手権ポイントの変更と、選手権初のFCY(フルコースイエロー)の採用が発表された。

JAFが毎年更新する「統一規則」は全日本カテゴリー全競技各々に対して、競技や運用面などの細部まで規定する規則書。


最高峰にあるスーパーフォーミュラ選手権も競技運用、スケジュールなど、ほぼすべてのことが「統一規則」、あるいは技術規則などで定められます。



12月25日に公示された2020年の「統一規則」での注目点は、「第7条 選手権得点」に記載されているポイント加点の変更です。


これまでの運用では、予選ポールポジションに1点、決勝レースは優勝から8位までにそれぞれ10点、8点、6点、5点、4点、3点、2点、1点と加点される事となっていたが、2020年シーズンからは、予選1位に3点、2位に2点、3位に1点が付与されることとなった。


予選上位者3名にポイントを付与できるようになったことで、予選がより白熱した見応えのあるものとなるだろう。


また決勝レースでの獲得ポイントも変更され、1位から10位までのドライバーにポイントが付与されることとなり、それぞれ20点、15点、11点、8点、6点、5点、4点、3点、2点、1点が付与されることとなります。




また、第35条ではWEC世界耐久選手権などでも導入されている「FCY(フルコースイエロー)」の実施が記載されており、これにより全区間での速度が規制されることとなり、セーフティーカーが導入されることで生じる「タイムギャップが無くなる」といった事象が軽減される見込みとなる。


実施については各サーキット(主催者)ごとに事情が異なるため、別途要件が示されることとしている。


Photo:RacingDiary編集部

Edit:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department