GOODSMILE RACING & TeamUKYO 2020年のSUPER GT体制&鈴鹿10H参戦を発表!!


“ファンと共に走るレーシングチーム”のコンセプトで、初音ミク GTプロジェクト、グッドスマイルレーシングを展開する株式会社グッドスマイルカンパニーは、「GOODSMILE RACING & TeamUKYO」として2020年の「SUPER GT」GT300クラスへの参戦を発表しました。


初音ミク GTプロジェクトはこれまでのSUPER GT参戦の歴史の中で、2011年、2014年、2017年の3度奇遇にも3年周期でGT300クラスでシリーズチャンピオンを獲得


チームはこのジンクスを良い意味で覆すべく、2018年、2019年と奮闘したが、いずれの年も最終戦までチャンピオンの権利を残すものの、チャンピオンには至らず。


2020年はこのジンクスの年。今度は悪い意味でジンクスを壊すことの無いよう、気持ちを新たにチャンピオン獲得を目標に掲げていくとのことです。


また、SUPER GT以外の活動として、2018年以来参戦を続けているインターコンチネンタルGTチャレンジの1戦「SUZUKA 10 HOURS」への参戦も発表しています。




2020年 チーム体制


エントラント名   :GOODSMILE RACING & TeamUKYO

エントラント代表  :安藝貴範(株式会社グッドスマイルカンパニー代表取締役社長)

監督        :片山右京(TeamUKYO 代表)

ドライバー     :谷口信輝、片岡龍也

メンテナンスガレージ:RSファイン(代表:河野高男)

アートディレクター :コヤマシゲト

イラストレーター  :LEN[A-7]





参戦車両

ゼッケン:4

車両名 :グッドスマイル 初音ミク AMG

参戦車両:Mercedes-AMG GT3(2020年型)

タイヤ :YOKOHAMA

エントラント代表に安藝貴範氏、監督は元F1ドライバーの片山右京氏、ドライバーが谷口信輝選手と片岡龍也選手、メンテナンスガレージはRSファイン、参戦マシンMercedes-AMG GT3、タイヤはYOKOHAMAと、変わらずの顔ぶれ。


しかし、参戦マシンは大幅な改良を受けて戦闘力を高めた、2020年型Mercedes-AMG GT3へと変更される。





レーシングミク 2020Ver.


2020年のチームのシンボルとなる初音ミク GTプロジェクト公式キャラクター「初音ミク レーシングVer.(通称:レーシングミク 2020Ver.)」は、「マジカルミライ2016」の初音ミクデザインで人気を博した、LEN[A-7]氏が担当。


プロジェクト全体のアートディレクションはキャラクターデザイナーであり、2014年から初音ミク GTプロジェクト・アートディレクションを手掛けるコヤマシゲト氏が続投。




カラーリング&レースクイーン


新しいマシンカラーリングは2020年1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」会場にて初公開。


そして、GSRのレースクイーンである『レーシングミクサポーターズ2020』は2月9日開催の「ワンダーフェスティバル2020[冬]」会場にて発表されます。




個人スポンサー制度


初音ミク GTプロジェクトの特色とも言える個人スポンサー制度も引き続き継続され、レーシングミク 2020Ver.のねんどろいどの画像も公開されました。


2020年個人スポンサーは、2019年12月21日より募集開始を予定している。


<個人スポンサー制度について>

初音ミク GTプロジェクトでは、多くのファンに参加・応援してもらえるよう、少額からチームのスポンサードをできる「個人スポンサー制度」を2008年から実施。


●個人スポンサーになる

GSR公式サイトから「個人スポンサーアイテム」を購入していただくことで、個人スポンサー登録が行なえる他、GSRクーポン(※後述)対象商品を購入し、付属のシリアルナンバーを使ってエントリーすることでも個人スポンサーに登録が可能。


※2020年度の募集期間は2020年11月30日迄を予定しています。

※「個人スポンサーカード」の発送はスポンサード金額の累計が3,000円を超えてからとなります。


GSR公式WEBサイトや、レースウィークにはチームピットに個人スポンサーの名前を記載。


スポンサード金額の累計に応じて、グリーン/ゴールド/プラチナ/ブラックの個人スポンサーカードをお届け。


・イベント、サーキット来場特典として、個人スポンサー限定の缶バッジも配布される。



個人スポンサー 漢コース・フィギュアコース

(2019年12月21日~募集開始)


3,000円からチームをスポンサードできる「漢(おとこ)」コースは、オリジナル名刺が作成できる「漢札(おとこふだ)コース」、レーシングマシンに広告(小サイズ)を掲出できる「漢前(おとこまえ)コース」、そしてレーシングマシンに広告(大サイズ)を掲出できる「徳漢(とくおとこ)コース(新設)」、広告に加えてVIP観戦権が特典となる「超漢(ちょうおとこ)コース」などを設定。


徳漢、超漢コースは数量限定となります。


そのほか、ねんどろいど・figmaコースや、チームウェアのレプリカなどの個人スポンサーアイテムの展開を予定されています。


Edit:RacingDiary編集部

Photo:株式会社グッドスマイルカンパニー,Mercedes-Benz

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department