アブソリュート・レーシング、2台のポルシェでバサースト12時間初参戦を発表!!


中国・珠海を本拠地とするアブソリュート・レーシングは、2020年1月31日から2月2日にかけてオーストラリアのマウントパノラマサーキットで開催されるバサースト12時間レースに2台のポルシェ 911 GT3 Rで参戦することを発表した。


2019年のブランパンGTワールドチャレンジ・アジアのチャンピオンチームであるアブソリュート・レーシングは、昨年のインターコンチネンタルGTチャレンジの第4戦 鈴鹿10時間レースにポルシェとアウディという2つのメーカーのサポートを受けて参戦。


2020年のインターコンチネンタルGTチャレンジの開幕戦となるバサースト12時間レースでは、ポルシェモータースポーツ・アジア・パシフィックのサポートを受けるポルシェ・カスタマーチームとして参戦する。




1台目、ポルシェのエースナンバーを付ける911号車のドライバーには2019年のバサースト優勝者メンバーの一人、24歳のオーストラリア人、マット・キャンベル


先月キャラミ9時間レースでで優勝した25歳のマシュー・ジャミネット


2人とも2020年度からポルシェ・ワークスドライバーに昇格したポルシェ・ジュニアですが、3人目にはポルシェワークスのベテラン、パトリック・ピレが加わり、若手が持たない長年の経験で2人をサポートする。


2台目となる912号車には昨年のバサースト優勝者メンバーの一人、ディクル・ウェルナー


カレラカップドイツの2019年シリーズチャンピオンであり、ポルシェ・フォーミュラEの開発ドライバーのトーマス・プレイニング


2019のル・マン24時間レースにデンプシー・プロトン・レーシングから参戦したマッテオ・カイローリというドライバーラインナップとなった。



アブソリュート・レーシングチームマネージャーのファビアン・フィオールは今回の参戦について次のようにコメント。


「2019年にポルシェモータースポーツ・アジア・パシフィックとポルシェ911 GT3 Rで素晴らしい1年を過ごしましたので、新しいトレンドに向けてその関係を継続したいと強く望んでいます。インターコンチネンタルGTチャレンジレースに参戦するのは今回が2度目で、昨年のバサーストで優勝したメーカーと共に、マウントパノラマサーキットでレースすることを楽しみにしています」


2019年のバサースト12時間での勝利はポルシェにとってインターコンチネンタルGTチャレンジ初勝利でした。


昨年ポルシェは初勝利の好調を継続し、マニュファクチャラー、ドライバーの両タイトルを獲得している。



Text:RacingDiary編集部

Photo:Porsche

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department