OMPがBELLヘルメットグループの買収を発表


2019年12月12日:イタリアに本社を構えるOMP Racingは『BELL』のブランドでレース用ヘルメットを製造するベル レーシングヘルメットグループの株式の過半数を取得したと発表しました。


この買収により、モータースポーツ安全機器業界で最も巨大なグループが誕生しました。


OMP Racingは、1973年にイタリア・ジェノヴァで創業。


レース用安全装備(スーツ、手袋、靴、座席、安全ベルト、ヘルメットなど)の設計と製造の分野で世界をリード。


現在も2,000を超える製品ラインナップを持つモータースポーツ向けの安全装備の大手企業です。


新体制のOMP Racingグループの代表兼CEOにはパオロ・デルプラート氏が就任。


ベル レーシングの創立者であるステファン・コーエン氏とモータースポーツで30年以上の経験を持つ ベル レーシングのゼネラルマネージャーだったAref Yazbek氏は株主兼CEOとしてグループに残ります。



パオロ・デルプラート(代表兼CEO)

「これはOMPの46年の歴史の中で最も重要な買収であり、モータースポーツの安全装置の分野で革命をもたらしました。 OMPとBellは、革新の豊かな歴史を持つ2つの象徴的なブランドです。これら2つのブランドを組み合わせることで、世界で最も重要なモータースポーツグループが生まれ、将来に大きな可能性が生まれます。モータースポーツは進化し続けており、今回の買収により、私たちが提供できる価値に自信を持ち、今後訪れる新たな課題に立ち向かうための準備を行います」



Edit:RacingDiary編集部

Photo:OMP Racing

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department