日産の『東京オートサロン2020』展示車両を一挙ご紹介!!

2019/12/12 日産自動車株式会社と、同社の関連会社である株式会社オーテックジャパン、および、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社は、2020/1/10(金)~1/12(日)に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」の出展概要を発表しました。


今回のオートサロンでは、今年9月に発売した新型「SKYLINE」のコンセプトモデルを始め、「NISSAN GT-R」と「FAIRLADY Z」の50周年記念モデルや「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルとイタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」が展示される予定!!


さらに、SUPER GT500参戦車である「GT500 MOTUL AUTECH GT-R」も展示される他、日産ブース内にグッズ販売のコーナーを設置し、「NISSAN」ブランド、「NISSAN GT-R」等の車種ブランド、「NISMO」ブランドのウェアやグッズ、限定ミニカー等の販売も行われるとのことです。


今回は日産ブースに展示される車両を一挙ご紹介します!!




「東京オートサロン2020」展示車両一覧



●SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT

今年9月にマイナーチェンジを迎えた新型「SKYLINE」。


その「SKYLINE」に”R”を冠した400Rをよりレーシーに仕立てたコンセプトカーを展示。


エクステリアはスポーティな印象を与える新規フロント/リヤバンパーとリヤスポイラーをはじめ、20インチ鍛造ホイールを装備。


ボディはホワイトシルバーとマットブラックをベースにフローセントグリーンのアクセントを配し、圧倒的なエンジン出力と極限まで追求した走りのポテンシャルを余すところなく表現した400Rの新しい形を提案している(参考出品)。




●SKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT

「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するプロパイロット2.0を搭載する「SKYLINE」をよりラグジュアリーにカスタマイズ。


エクステリアはマットブラウンとマットシルバーで彩り、さらに伝統のサーフィンラインをイメージしたカラーリングで表現、インテリアには上質な2トーンレザーシートを装備することで移動中もより豊かなムードの空間に包み込まれます。(参考出品)。




●NISSAN GT-R 50th Anniversary

「NISSAN GT-R」2020年モデルのPremium editionをベースに、日本グランプリシリーズで活躍したGT-Rレーシングカーのエクステリアをモチーフとした、2トーンカラーの外観色の組み合わせを象徴的に取り入れている。


特に、2020年モデルの新色として採用した「ワンガンブルー(4RPM)」は、高品質の専用ホワイトステッカーとの組み合わせで際立ったコントラストを演出し、往年の日産のレースチームカラーを再現。


リヤにGT-R 50th Anniversaryの文字をあしらったバッジとステッカーを配置しています。


インテリアには上質なセミアニリンレザーを使用し、50周年記念にふさわしい高級感あふれるキャビンを実現。


センターコンソールやメーター内、またシートやキッキングプレートなどにも50周年を記念するロゴを配しています。




●フェアレディZ 50th Anniversary

1970年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現。


インテリアには、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールの他、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムを採用。


また、シート、シフトノブ周りやメーター内に50周年記念ロゴを配すると共に、その他多くの専用装備で、50周年の特別感を演出。


フロントフェンダーにステッカーを、そしてリヤには、50周年記念を象徴するバッジを追加し、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチアルミホイールを採用しています。




●NV350キャラバン プレミアムGX Urban CHROME

「NV350キャラバン プレミアムGX アーバンクロム」は、エクステリアデザインを重視する上級志向のユーザーに向けて、上質で存在感のあるスタイルに仕上げたモデル。


最上級グレード「プレミアムGX」をベースに、専用のダーククロム色をグリル、ドアミラー、バックドアフィニッシャーに採用したほか、専用デザインの15インチアルミホイールや、人気の高いLEDヘッドランプやフロントプロテクターを特別装備。


さらに、サイドシルプロテクター&リヤアンダープロテクターをオプション設定し、よりスタイリッシュさを求めるユーザーにも配慮しています。




●ELGRAND特別仕様車

低重心プラットフォームが生み出す優れた操縦安定性、高い走行性能に加え、充実した先進安全装備で好評を得ている「エルグランド」の圧倒的な存在感をさらに際立たせた特別仕様車(2020年初め発売予定)を先行展示。




●SERENA e-POWER AUTECH Multi Bed CONCEPT

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランド。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。


オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラー。今回、マイナーチェンジをした「セレナAUTECH」をベースに、休憩や車中泊ができるベッドシステムを搭載したコンセプトカー「SERENA e-POWER AUTECH Multi Bed CONCEPT」を展示(参考出品)。



●ELGRAND AUTECH CONCEPT

AUTECHブランドのフラッグシップモデルとして、エルグランドをベースにAUTECHならではのスタイリングを表現した、「ELGRAND AUTECH CONCEPT」を特別展示(参考出品)。




●Nissan GT-R50 by Italdesign

「Nissan GT-R50 by Italdesign」は伝統的なGT-R NISMOをベースに、日本のパフォーマンスとイタリアならではのクラフトマンシップの共存によって作りあげられました。


本モデルのプロトタイプはGoodwood Festival of speedにてデビューしてから世界各国をまわり、多くのメディアでも取り上げられ、幅広い人々を魅了。


世界50台限定の「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、ユーザーのそれぞれの好みの色使いでオンリーワン車両を作ることができます。納車は2020年に始まる予定です。




●NISSAN GT-R NISMO

2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用し、アクセルを踏み込んだ際の加速レスポンスを向上。


また、新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能、サーキットにおける高Gでの効きの良さと一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現。


また、新開発のキャリパーは、世界最大級の直径410mm、さらに1000℃を超える超高温でも変色しづらい高耐熱イエロー塗装を採用し、2020年モデルの足元に新たなアクセントを与えています。


外装部品には車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を採用したことに加え、新開発のRECAROシートなど合わせて軽量化を実現し、コーナリング性能も大きく向上させました。




●日産リーフ NISMO

電気自動車ならではのダイレクトで俊敏な加速やスムースでのびやかな走りに、NISMOがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデル。


車両全体の空気抵抗を悪化させることなくダウンフォースを向上した専用のエクステリアデザインに加え、専用サスペンション、18インチタイヤ、専用ブレーキの採用等により、高い直進安定性とハンドリング性能を実現。


さらに、より力強い加速感を楽しめるようコンピューター(VCM)を専用チューニング。


特にドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さを日産リーフの約2倍に高めた。今回展示する車両は、前席にレカロシートを特別に装着しドライバーの着座安定性を向上させ、電気自動車のスポーツドライビングを楽しめるモデルに仕上げています。




●ノート e-POWER NISMO S Black Limited

「ノートe-POWER NISMO S」は、NISMO専用VCMチューニングにより、e-POWERのモータードライブ特性をよりスポーティに変更。


また随所に専用の補強を施した高剛性ボディーにより、胸のすくような圧倒的な加速性能と同時に優れたハンドリング性能を実現し、電動パワートレインのもたらす一歩先をゆく、爽快なNISMOのドライブフィールを体感したいお客さまに好評のモデル。


今回展示の「ノートe-POWER NISMO S Black Limited」は、高い走行性能はそのままに、ブラックアクセントステッカーやブラックルーフ、ブラックドアミラーなどの外観変更により、NISMOらしいスポーティさを表現しています。


さらにLEDヘッドランプやインテリジェントクルーズコントロールなどの人気装備を標準搭載した特別仕様車です。




●MOTUL AUTECH GT-R


SUPER GT 2019のGT500クラスに松田 次生選手、ロニー・クインタレッリ選手のドライブにより出場したMOTUL AUTECH GT-R。


東京オートサロンでは、人気のキッズ向け乗り込み体験、NISMOレースメカニックによるピットワークシミュレーションを実施します。(参考出品)。




●2019 全日本 JAPAN EV-GPシリーズ仕様:NISSAN LEAF e+

2019年全日本 JAPAN EV-GP(日本電気自動車レース協会主催)仕様の「NISSAN LEAF e+(ブルースイッチ号)」を特別展示。


このNissan LEAF e+は市販車ベースですが、専用サスペンションやリヤウィングなどを施し、EVレース仕様!!


レースではEV-2クラス(モーター出力100kW以上~161kW未満の市販車両)で数度のGP優勝を果たしました。



Edit:RacingDiary編集部

Photo:日産自動車

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department