ロバート・クビカ。BMWからDTMテストに参加!!

BMWは2019年のF1世界選手権に参戦したロバート・クビカが、12月10日から13日、スペインのヘレス・サーキットで行われる”DTMヤングドライバーテスト”でBMW M4 DTMのハンドルを握ることを発表した。


今年”34歳”のクビカとBMWは、2006年から2009年までF1の”BMWザウバーF1チーム”として共に数年間を戦った”戦友”。


クビカがBMWモータースポーツに戻り、両者のタッグが再び実現することとなった。




クビサと共にイギリスのニック・イェロリーもヘレスでBMW M4 DTMのハンドルを握ります。


今シーズン、29歳の彼はBMWのワークスドライバーになり、Team AAIのBMW M6 GT3でチャイナGTのタイトルを獲得しました。


ニック・イェロリーは2015年にGP2のシートを失って以来GTレースに転向し、ポルシェ・カレラカップ・ドイツやポルシェ・スーパーカップで総合2位の成績を残している。


2014年にフォースインディアの開発ドライバーを務めた経験から、2019年のバルセロナテストでレーシングポイントのRP19をドライブしており、ヨーロッパでも注目を集めるドライバーのひとりです。




イェンス・マーコート(BMWグループモータースポーツディレクター)コメント

「私たちは、ロバート・クビカがヘレステストに参加する機会を提供できてうれしく思います。ロバートは、国際的なモーターレースシーンでのビッグネームであり、フォーミュラ1のようなハイクラスシリーズで多くの経験を積んでいます。 」


ヘレス・サーキットでのテストは、12月10日から13日に行われます。


Text:RacingDiary編集部

Photo:BMW

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department