フォーミュラE 開幕ラウンドで日産e.damsが2戦連続でポイントを獲得


日産自動車株式会社は、11月22日と23日にサウジアラビアのリヤドでダブルヘッダーイベントとして開催されたABB FIAフォーミュラE選手権シーズン6の開幕戦に今シーズンも日産e.damsとして参戦した。




22日(金)に行われた開幕戦では、8位グリッドからスタートしたオリバー ローランドが決勝で4位にポジションを上げてフィニッシュし、ポイントを獲得。昨年ドライバーズランキングで2位になったセバスチャン ブエミは、マシントラブルでリタイアとなった。




23日(土)に行われた第2戦では、ブエミが新たに採用したシングルモーターシステムのパワートレインの速さを予選で示し、2位グリッドを獲得。決勝レースでは他車との接触でスピンし、12位完走となった。




一方ローランドは16位グリッドから力強く順位を上げて5位でフィニッシュし、2戦連続でポイントを獲得した。




マイケル カルカモ(日産グローバルモータースポーツディレクター)

「フォーミュラEの競争レベルは新しい次元に入り、今週末は絶え間ない戦いが繰り広げられました。望んでいた結果は得られませんでしたが、予選結果とレースペースが良かったのはポジティブなポイントです。ブエミは上位で走りましたが、不運にも他車と接触してしまいました。ローランドは2戦とも素晴らしいレースを展開し、今後も楽しみです」



グレゴリー ドリオ(日産e.dams チーム監督)

「次戦までは少し時間があるので、開幕戦でのすべてのデータを慎重に分析し、改善できる点を確認します。チリは、日産が初めてフォーミュラEのポールポジションを獲得した大会です。再び同様のパフォーマンスを見せられることを楽しみにしています」



第3戦は、1月18日にチリのサンティアゴで開催される。


Photo:日産自動車

Edit:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department