金丸ユウ、2020年シーズンのアジアF3参戦を発表。チームは香港のBlackArts Racing。


2019年12月3日


2019シーズン、FIA F3アジア選手権に日本チーム『Super License』からスポット参戦していた金丸ユウが12月14日に開幕するFIA F3アジア選手権 2020シーズンにBlackArts Racingから参戦することを発表しました。


2020シーズンに所属するBlackArts Racing(BAR)は香港に本社を置き、TCRアジアなどにも参戦しているレーシングチーム。2019年6月に開催されたFIA F3アジアの鈴鹿ラウンドでは小山美姫がBlackArts Racingよりスポット参戦しています。


2020年も2台体制で参戦を予定しており、金丸のチームメイトは2019年シーズンもBlackArts Racingから出走したジェントルマンのスイス人、トーマス・ルーディとなります。




2020年シーズンのFIA F3アジア選手権は、2019年12月から2020年2月にかけての5ラウンド、それぞれの週末に3レースを実施するコンパクトな冬季カテゴリーとして開催されます。


最終戦が2月下旬ということで、ドライバーはヨーロッパのレースシーズンの開始に先立ってスーパーライセンスポイントを獲得できることを売りにしています。


2020年シーズンは12月14~15日のマレーシアのセパン・インターナショナルサーキットで始まり、1月10~11日にドバイ24時間レースのサポートイベントとして第2戦がドバイ・オートドロームで開催。


翌週の1月17~18日にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで第3戦が開催され、2月14~15日にセパン・インターナショナルサーキットで第4戦。


そして2月22~23日にタイのブリラム・インターナショナルサーキットでの第5戦で締めくくります。


開催時期は大きく変わりましたが、すべてのレースでライブストリーミングが予定されており、昨年と配信方法やスタイルが変わらなければ、日本からも視聴できるかと思われます。




FIA F3アジア選手権 2020チャンピオンシップカレンダー

第1戦 12月14日〜15日 セパン・インターナショナルサーキット(マレーシア)

第2戦 1月10日〜11日 ドバイ・オートドローム(アラブ首長国連邦)

第3戦 1月17日〜18日 ヤス・マリーナ・サーキット (アラブ首長国連邦)

第4戦 2月14日〜15日 セパン・インターナショナルサーキット(マレーシア)

第5戦 2月22日〜23日 ブリーラム インターナショナル サーキット(タイ)


併催イベント

第1戦 WTCR最終戦

第2戦 ドバイ24時間レース

第4戦 アジアン・ルマン

第5戦 アジアン・ルマン



Photo:F3 Asian Championship Certified by FIA

Text:RacingDiary編集部

1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department