BRP、セアト/CUPRA TCRでTCRジャパンに参戦!! 同じVWグループのGolf GTI TCR & Audi RS3 LMSとはパーツ互換性有り!!


2019年11月30日、バースレーシングプロジェクト(以下、BRP)が、2020年TCRジャパンシリーズに”CUPRA TCR”を国内初導入する事を発表しました。


2019年に国内で開幕し、初年度から15台以上の参戦を集め、毎戦激しいスプリントレースを展開して観客を魅了した、TCRカーによるスプリントレースである”TCRジャパンシリーズ”に、2020年よりCUPRA Racingのサポートを受け、CUPURA TCRを国内初導入する。

日本では正規販売がないCUPRAは、スペインの自動車メーカーであるセアト(SEAT S.A)のトップブランドであり、レースではツーリングカーを中心に多数の車両開発経験がある、ヨーロッパではメジャーな自動車メーカーだ。


セアトはVWグループであり、同じVWグループのGolf TCR、RS3 TCRとはパーツ互換が有るとのこと。


2017年よりスーパー耐久で、 TCRカーの運用実績が多くあるBRPの経験・知識が大いに活かせる車体であると判断、国内初導入が決定された。


BRPは、2019年にVW Golf GTI TCRとAudi RS3 LMSの2台体制で参戦し、ジェントルマンクラス でSaturday&Sunday Seriesにおいて2台共に好成績を収め、19号車がシリーズ2位を獲得。


2シーズン目を迎えるTCR Japanでもその活躍が期待されます。




BRP代表 奥村 浩一氏コメント

「BRPでは既に来季の参戦準備を進めております、その第1弾として国内初導入となる、CUPRAの導入を 決定致しました。既に契約は完了しており、2020年1月末には車両が日本に到着する予定です。 到着次第テスト走行を行い、TCRジャパンの開幕戦に車両を並べます。 今回CUPURAを日本初導入する理由としては、非常に多くの車種を有するTCRカテゴリーにおいて、 本場ヨーロッパと同じレベルの多様な車種を日本でも参戦させ、魅せるレースを行う一環として今回導入 を決定しました。 来年も新しいチャレンジをどんどん展開していきますので、是非皆様ご支援・ご声援をお願い致します。」




マシン概要

Machine : CUPRA TCR 2019

Engine : 2.0リッター直4DOHCターボ

Transmission : 6-speed SEQ

Power : 330ps/6,200rpm

Torque : 440Nm/2,500rpm




株式会社バース モータースポーツ事業部 プレスリリースより

Photo:SEAT CUPRA

Edit:RacingDiary編集部



おすすめ記事


2020/2021 アジアン・ル・マン・シリーズの開幕戦は日本・鈴鹿サーキットに決定!! 日本開催復活!!


全日本F3王者のサッシャ・フェネストラズがスーパーフォーミュラ「合同テスト・ルーキードライバーテスト」に参加!! チームはKONDO RACING。


スーパーフォーミュラ 「合同テスト・ルーキードライバーテスト」のエントリーリスト第1段を発表。全日本F3の片山義章がエントリー。


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department