2020/2021 アジアン・ル・マン・シリーズの開幕戦は日本・鈴鹿サーキットに決定!! 日本開催復活!!


2019年11月29日、株式会社モビリティランドは、鈴鹿サーキットにおいて、2020年11月20日(金)~22日(日)の期間、アジアン・ル・マン・シリーズを開催することを発表した。


アジアン・ル・マン・シリーズは、世界三大レースの一つに数えられる「ル・マン24時間耐久レース」と同じく、フランス西部自動車クラブ(ACO)が主催するシリーズで、鈴鹿サーキットでのレースは2020/2021シーズンの開幕戦となる。


今回の開催決定は、ACOとモビリティランドが2019年2月に締結した友好協定の一環とのことだ。




関係者のコメント

ピエール・フィヨン氏(フランス西部自動車クラブ[ACO]会長)

「この発表は、アジアン・ル・マン・シリーズが日本で再び開催されることを示すとともに、ル・マンと鈴鹿のパートナーシップ の本質をさらに強化し、鈴鹿とル・マンの世界耐久選手権での連携をもとに数か月前に結ばれた友好協定を強調するものです。 今回の決定にあたり、田中社長のご尽力に深く感謝いたします。 」


シリル・テッシュ・ワーレン氏(アジアン・ル・マン・シリーズ マネージングディレクター)

「来シーズン開幕戦を日本で開催したいと考えていましたが、それが鈴鹿サーキットでの初開催となることは、非常に喜ばしく刺激的です。伝説的な鈴鹿のコースが有する魅力が、アジアン・ル・マン・シリーズの継続的な成長と相まって、 重要なイベントとなるでしょう。」


田中薫(株式会社モビリティランド 代表取締役社長)

「アジアン・ル・マン・シリーズを鈴鹿サーキットで初めて開催できることとなり大変嬉しく思います。 この決定は、友好協定を結ぶル・マンと鈴鹿サーキットの関係をさらに強めるものであり、引き続き日本およびアジアの モータースポーツの発展に寄与できるよう、ACOとの交流や協力を深めて参ります。」



本レースの観戦料金などの詳細は、決定次第案内されるとのこと。


今月上海で開幕した2019/2020シリーズには昨年のGTクラスチャンピオンのCARGUY RACINGを筆頭に日系チームや日本人ドライバーの参戦が増え、日本からの注目も高まっている。


そんな2019/2020シリーズは日本開催がないことが非常に残念ではありましたが、今回の発表で来シーズンに楽しみが増えたのではないかと思います。



Text:RacingDiary

Photo:©Automobile Club de L‘ouest



おすすめ記事


全日本F3王者のサッシャ・フェネストラズがスーパーフォーミュラ「合同テスト・ルーキードライバーテスト」に参加!! チームはKONDO RACING。


ヤッサー・シャヒン、2019年のAudi Sport R8 LMS Cup 最後のチャンピオンを獲得。


ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア それぞれの最終戦④ Race2 VSRの”プロとアマ”の勝利


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department