Audi R8 Decennium納車式、富士スピードウェイで実施


アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、フラッグシップスポーツモデル Audi R8 のV10エンジン搭載モデル、デビュー10周年を記念した限定モデルAudi R8 Decennium納車式を、ご注文いただいたお客様5組8名をお迎えして、2019年11月26日 富士スピードウェイで行いました。


この納車式では、アウディ ジャパン代表取締役社長 フィリップ・ノアックが、オーナーの皆さまへ限定車証明書を車両とともに授与。



また、先週末行われたSUPER GT X DTM特別交流戦に参戦したばかりのレーシングドライバー ブノア・トルレイエがゲストとして参加して、Audi R8のパフォーマンスを語りました。

Decennium(デセニウム)はラテン語に由来する言葉で「10年」を意味するものです。


これは、Audi R8のV10エンジン搭載モデルの10年にわたる成功を意味します。


初代Audi R8がデビューしたのは、2006年のことです。


当初は4.2ℓエンジンでスタートしましたが、2009年に5.2ℓエンジンを搭載した5.2 FSI quattroを追加。


ここでV10エンジンのヒストリーが始まりました。

Audi R8の自然吸気 V10 5.2ℓエンジンは、Audi の市販モデルとして過去最高の最高出力620psを発揮。


7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせます。


電子制御油圧多板クラッチ式quattroフルタイム4輪駆動システムは、運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することも可能です。


また、低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オン デマンド(COD)を採用。アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて優れた環境性能も両立します。

今回納車式を行ったAudi R8 Decenniumは、Audi Sport GmbHの責任のもと、高度なスキルをもった従業員によってそのプロセスの多くは手作業で行われ、世界限定222台のみの生産、日本国内の割当はわずか10台です。


Coupé モデルのR8 V10 performance 5.2 FSI quattro S tronicをベースに、ダイナミックステアリングをはじめ、数々の特別装備を施しています。エクステリアは、デイトナグレーマットエフェクトのボディカラーにハイグロスブラックスタイルパッケージ(グロスブラックのフロントスポイラー、サイドシル、ディフューザー等)を組み合わせます。


またフロントフード上のフォーリングスのバッジもブラックとなります。


アルミホイールはマットブロンズの20インチ、インテークマニホールドも同様にマットブロンズカラーに彩られています。

インテリアでは、Decenniumのロゴがセンターコンソールやドアなどに配されています。


特にグロスカーボンファイバー仕上げが施されたセンターコンソールのDecenniumのロゴは、アウディの特許による部分マット仕上げを特徴として、素材の表面に特殊な粉末を使用して、数千分の1mm単位で粗面化処理が施されています。


そして電動調整機能付きスポーツシートや、デコラティブパネルグロスカーボン、アルカンターラヘッドライニングなどを装備しています。


さらに550Wのアンプと13個のスピーカーによるBang & Olufsenサウンドシステムを備えています。


アウディ ジャパン株式会社 プレスリリースより

Edit by RacingDiary編集部



おすすめ記事


アウディ、SUPER GT×DTM特別交流戦 レース2でデュバルが3位表彰台を獲得


Audi Sport R8 LMS Cup 2019の最終戦直前!! シリーズチャンピオン予想。


HOJUST RACINGってどんなレーシングチーム?! チーム代表に独占インタビュー!!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department