Audi Sport R8 LMS Cup 2019の最終戦直前!! シリーズチャンピオン予想。


Audi Sport R8 LMS Cup 2019の最終戦が11月23日~24日にマレーシアのセパンインターナショナルサーキットで開催されます。


今週末の2つのレースで8シーズンの歴史に幕を閉じるAudi Sport R8 LMS Cupの最後のシリーズチャンピオンは誰なのか、今回のRacingDiaryはズバリ予想します!!





チャンピオン候補は5人

ランキング首位は108を獲得し、2位に11ポイントリードしているベンド・モータースポーツパークのヤッサー・シャヒンですが、残り2レースで5人のドライバーがチャンピオンの可能性を残しています。


CTVS Racers by Absoluteから参戦する香港のアレックス・アウは、ポイントランキング2位で最終戦を迎えますが、第8戦 鈴鹿で4位に終わったことで第9戦をノーウェイトで迎え、タイトルに大きな可能性を残している一人。


インドネシアの著名なジェントルマン、Absolute Racingから参戦する昨年チャンピオンのアンドリュー・ハリアントも、アウから4ポイントしか差がないため、こちらも十分に可能性があります。


2018年の総合タイトルを5ポイントで逃した シンハー Plan-B アブソリュート・レーシングのブリット・ビロンバクディは、現時点でのランキング4位。


シンハービールの社長でもあるタイ人レーサーは、シャヒンに対し19ポイント差ですが、残りの2レースで最大50ポイント(1レースの最大獲得ポイントは25点)獲得可能ですので、まだまだ可能性はあります。


オーストラリアのトニー・ベイツは、GT3タイトル争いで5番目、チャンピオンに可能性を残す最後のドライバーであり、ランキングトップのシャヒンから34ポイント差の74ポイントです。


セパンインターナショナルサーキットで開催される2レースは、Audi Sport R8 LMS Cupの最後のイベントとなり、2020年からAudi Sport Asia Trophyが開催されます。


関連記事 : Audi Sport Customer Racing Asiaが2020年度のモータースポーツ戦略を発表。『Audi Sport R8 LMS Cup』が終了、新たな展開へ。





第9戦のウェイト

Audi Sport R8 LMS Cupのタイトル争いを予測する上で忘れてはならないのがRace success ballast(わかりやすくするため、RDではウェイトと表記します)


Audi Sport R8 LMS Cupでは決勝レースの結果に応じて1位:30kg 2位:20kg 3位:10kgのウェイトが積まれていき、最大50kgのウェイトが乗ります。


ウェイトを降ろすには4位以下でゴールすれば次のレースはノーウェイトで迎えることができます。


こちらのウェイトハンデですが、あくまでレースにのみ適用され、予選では全車ノーウェイトで出走します。


第8戦終了時点でタイトルの可能性を残す5名の第8戦のウェイトの重量を見てみましょう。


ヤッサー・シャヒン(108ポイント):10kg

アレックス・アウ(97ポイント):ウェイト無し

アンドリュー・ハリアント(93ポイント):50kg

ブリット・ビロンバクディ(89ポイント):40kg

トニー・ベイツ(74ポイント):ウェイト無し


タイトル争いをする上位5名のうち、ウェイトを積んでいないのはアウとベイツのみ、第8戦に関してみればこの2名が有利ではあります。





勝ち星が欲しい”アレックス・アウ”

ノーウェイトで第8戦を迎える2人の中で気になるのが、ランキング2番手につけるアレックス・アウ。


11ポイント差で2番手に着けてはいますが、今シーズンまだ勝ち星はありません。


オーストラリア・アデレード市街地コースでの第1レースで表彰台圏外の5位に終わったアウは第2レースを4番手からノーウェイトでスタートすることになり、ホームストレートで3台をゴボウ抜きにすると首位に躍り出ましたが、スポット参戦のジェフ・エメリーに交わされて2位でチェッカー。


続く第3戦、第4戦、地元香港からほど近い珠海では2レースともポールポジションを獲得も両レースともリタイアに終わっています。


第5戦、第6戦上海では2レースともスポット参戦したアンソニー・リウに続く2位という結果に。


第7戦、大雨の鈴鹿では2番手スタートから追い上げるも、アンドリュー・ハリアントに及ばず2位。


第8戦はポールポジションスタートでしたが、3レース連続表彰台でウェイトは最大重量の50kgに及び、スタートで出遅れ4位に終わりました。


タイトルの可能性も大いにあるアレックス・アウですが、今シーズン初の勝ち星にも期待したいところです。





チャンピオン予想

RacingDiary編集部の予想はアレックス・アウにもっとも可能性があると考えておりますが、不安要素があるとするならばアウ選手の接触率の高さです。


アデレード、珠海と他車との接触で順位を落とす、もしくはリタイアという結果に繋がる場面も多いことからセパンでの第9戦は上位グリッドからの逃げ切り、第10戦はウェイトを積みながらも最低限シャヒン選手の前でゴールできればタイトルは獲得できると考えます。


アウ選手に迫っているハリアント選手とビロンバクディ選手が50kg/40kgで第9戦を迎えることもあってシャヒン選手とアウ選手のを中心に第9戦が繰り広げられると考えられます。





配信

今週末のレースの模様はレースを主催するAudi Sport Customer Racing Asiaの公式HPからライブ視聴可能です。


ライブ配信後は編集の上、しばらく時間はかかりますがYouTubeにもハイライト映像がアップロードされます。


Text by RacingDiary

Photo by Audi Sport Customer Racing Asia




おすすめ記事


ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア それぞれの最終戦④ Race2 VSRの”プロとアマ”の勝利



SUPER GT×DTM特別交流戦に参戦する4台のAudi RS 5 DTMのカラーリング一覧&参戦ドライバーのコメントも発表!!



アウディR8 LMS GT4の2020年モデル発売!! 価格はなんと・・・?!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department