SUPER GT×DTM特別交流戦に参戦する4台のAudi RS 5 DTMのカラーリング一覧&参戦ドライバーのコメントも発表!!


(アウディ ジャパン株式会社 プレスリリースより)


アウディにとって非常に充実したモータースポーツシーズンの最後に、ファン待望の特別なイベントが用意されました。


ヨーロッパで高い人気を誇るドイツツーリングカー選手権(DTM)と、日本のGTカーレースの最高峰、SUPER GTのマシンが同じレースで戦う、史上初の交流戦が11月23日~24日に富士スピードウェイで開催されます。


このイベントでは、日本とヨーロッパの5つのメーカーが勝利を目指して戦います。アウディは、4台のAudi RS 5 DTMカーを日本で開催されるドリームレースに持ち込みます。


この数年間、ヨーロッパのDTMと日本のSUPER GTの主催者は、ツーリングカーレースの「チャンピオンズリーグ」を可能にするため、テクニカルレギュレーションの統一に向けて取り組んできました。


この努力により、2019年シーズンにはDTMに既に導入され、610hpを超える4気筒ターボエンジンを搭載した「クラス1」と呼ばれるカテゴリーのレースカーが誕生しました。


SUPER GTでも、「クラス1」レギュレーションが来年から施行されます。

そのため、現時点では、DTMとSUPER GTの一部のレギュレーションはまだ異なるものの、今週末に富士で開催される「ドリームレース」では、4台のAudi RS 5 DTMと3台のBMW M4 DTMが、ホンダ、レクサス、日産のスーパーGTレースカーと戦います。


アウディ モータースポーツ代表のディーター・ガスは、次のように述べています。


「レギュレーションの違いがあったとしても、バランスの取れた戦いになると考えています。私たちは、このようなレースを実現するために、長年も取り組んできました。


そして、ついにそのときがやってきたのです。


今回のレースでは、チームごとに1台のマシンが参加できたことを嬉しく思います。富士スピードウェイは、特別なサーキットです。


非常に長いストレートとテクニカルなコーナーの組み合わせによる、魅力的なコースレイアウトを特徴としています。


このコースで、完璧なセットアップを見つけることは非常に困難です。長いホームストレートでは、日本のレースカーに明確なアドバンテージがあるでしょう」

スタートおよびフィニッシュラインは、約1.5kmのホームストレートに設置されます。FIA世界耐久選手権(WEC)にAudi R18ならびにカスタマーレーシングにAudi R8 LMSで参戦しているアウディは、WECのレースカレンダーに組み込まれている、このユニークなサーキットの特徴を熟知しています。



コンピューターのシミュレーションによると、Audi RS 5 DTMは、リヤウィングの設定にもよりますが、ストレートエンドで最高300km/hの速度に達します。

4台のAudi RS 5 DTMカーは、この「ドリームレース」のために、一部のカラーリングを刷新しました。


DTMファンの方々は、マイク・ロッケンフェラーのレースカーをすぐに見分けることができるでしょう。


彼のクルマは、2013年にAudi Sport Team Abt Sportslineから参戦してDTMチャンピオンに輝いたときのカラーリングで、今シーズンのDTMにも採用されているブラックカラーのAkrapovič Audi RS 5 DTMで参戦します。



レネ・ラストのAudi Sport RS 5 DTMは、日本で開催されるレースを記念して、ホワイトのボディにレッドのアクセントを配し、日本の国旗を模したカラーリングが施されます。


今シーズンのDTMチャンピオンである彼は、アウディジャパンのサポートを受けたAudi Sport Team Rosberg(アウディ スポーツ チームロズベルグ)から参戦します。今年は、極めてスポーティなAudi RSモデルの誕生25周年を記念する年でもあり、その点でも今回のレースは注目を集めています。




Audi Sport Team Phoenix(アウディ スポーツ チームフェニックス)から参戦するロイック ・デュバルは、レッドのBMC Airfilter Audi RS 5 DTMのステアリングを握ります。


この会社は以前、イタリアのミサノサーキットで開催されたDTMに、MotoGPのスターであるアンドレア ドヴィツィオーゾがワイルドカード参戦したときに、彼をサポートしています。




最後の1台は、アウディジャパン、Hitotsuyama Racing、アウディドライビングエクスペリエンスの支援を受けて参戦するアウディのカスタマーチーム、WRT Team Audi Sportのブノワ・トレルイエが駆るホワイトのAudi Japan RS 5 DTMです。

4つのアウディチームにとって、日本で開催されるレースへ参戦するためには、輸送面も課題となりました。


機器類とスペアパーツの大部分は、数週間前に貨物船でアジアに向けて発送されました。


4台のAudi RS 5 DTMカーは、11月13日にフランクフルト=ハーン空港から日本に向けて空輸され、11月18日にサーキットに到着しました。

4人のアウディドライバーは、ノイブルク アン デア ドナウのシミュレーターで「ドリームレース」に向けて集中的な準備に取り組みました。


レネ・ラストは、次のようにコメント。


「富士には、非常に長いストレートがあります。


一部のセクション、特に最終セクションのコーナーは、非常にテクニカルです。


タイトなコーナーが少ないのも特徴です。


そのため、特にタイヤの摩耗という点で、非常に興味深いサーキットです。


私は日本に行ったことがないので、どのような戦いが待ち構えているのか、今から楽しみにしています。シーズンも終了して、まったくプレッシャーのない状態で戦うことができるため、間違いなく面白いレースになると思います。


日本のレースカーの実力を見せてもらいます」



マイク・ロッケンフェラーにとっても、富士スピードウェイで走るのは初めての体験となります。


「日本でレースをすることができて嬉しいです。これまで、日本でレースをしたことはありませんが、日本で開催されているレースシリーズやファンの雰囲気について、多くの素晴らしい話を聞いていますので、今からワクワクしています」


ロイック・デュバルブノワ・トレルイエは、WECやその当時のスーパーGT、現在のスーパーフォーミュラに参戦しているため、富士のコースは熟知しています。



デュバルは次のように語っています。


「日本では、素晴らしい時間を過ごしました。


再び日本でレースをすることを楽しみにしています。


多くの人々が、DTMマシンとドライバーに会いに来てくれると確信しています。


11月の富士の天候は少し不安定ですが、天気が味方してくれることを願っています」


ブノワ・トレルイエは、次のようにコメント。


富士でレースをすることになり、夢が叶いました。


今回のレースでは、これまでの私のキャリアで最大の成功を収めた2つの要素、つまり日本とアウディが組み合わされることになります。


この3年間で、わずか数レースしか戦っていないので、簡単に結果を出すことはできないかもしれませんが、WRT、アウディ、そして日本のファンを失望させないように全力を尽くすつもりです」

11月21日の木曜日には、富士スピードウェイで45分間のテストセッションが2回実施されます。


通常のDTMシリーズと同様に、金曜日に2回のフリープラクティスセッションが行われ、土曜日と日曜日にそれぞれ予選と決勝レースが開催されます。


決勝レースは、両日ともに午後2時30分にスタートします。



アウディ ジャパン株式会社 プレスリリースより

Photo by AUDI AG

Edit by RacingDiary編集部



おすすめ記事


マカオグランプリ GT4レース Greater Bay Area GT Cupにアレックス・アウが参戦


30分の超スプリント!! アウディだけのワンメイクレース『Audi Sport R8 LMS Cup』 とは?


アウディR8 LMS GT4の2020年モデル発売!! 価格はなんと・・・?!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department