HOJUST RACINGってどんなレーシングチーム?! チーム代表に独占インタビュー!!


ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアの中で展開される4つのクラス分けの中、最も台数が多く、競争が激しいのはプロドライバーとアマチュアがコンビを組んで参戦する『プロアマクラス』というクラスです。


そんなプロアマクラスに日本の和歌山県から参戦し、2019年シーズンのクラスチャンピオンを獲得したのが落合俊之選手とアフィック・ヤジド選手の乗るHOJUST RACINGのウラカン・スーパートロフェオ・EVO。


ところで、皆さん『HOJUST RACINGってどんなチームかご存知でしょうか?』


今回はチームの成り立ちを中心に、HOJUST RACINGとはどういったチームなのか、チーム代表の宮澤俊也さんにお話を伺いました。




HOJUST RACINGとは?

HOJUST RACINGとは和歌山の”車好きのおじさん達”がお金を出し合って走っているチームです。


普通であれば”お金だけ出してレーシングチームを雇ってチーム運営をしてもらって、プロドライバーが乗ってレースを走る”というのが通常のやり方ですが、HOJUST RACINGが他のチームと違うのは”みんながお金を出して、汗を出して、作業までやって、みんなで楽しんで走らせる”ということをやっています。


プロのメカニックがいるチームと違い、うちのメカニックさんも”クルマのメカのプロではあるけど、レースは初めて”という人がいたり。」



「ドライバーもアフィック・ヤジドはプロですが、チームメイトの落合さんも普段は自動車販売業を営んでいるアマチュアドライバーです。


1名のプロドライバー以外は”みんなレースの素人”という体制で挑戦しようとしたら、当初は”素人だけでは挑戦できない”とランボルギーニから言われたり・・・


そう言われたら”できないと言われたからやろう”と意気込んで2017年にランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアへのスポット参戦からHOJUST RACINGのレース活動はスタートしました。


2018年は鈴鹿ラウンドでの車両炎上で取りかけたチャンピオンを逃してしいましたので、2019年はチャンピオン獲得のリベンジということで参戦していました。


なんとか今日(インタビューはランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアの最終戦 ヘレスのレース2終了後に行なっています)アジアのプロアマクラスのシリーズチャンピオンになれました。


これが悲願だったので・・・明日からはもう”ワールドファイナル”という世界の人たちと戦う”お祭り”を楽しむだけですね。




2020年は参戦休止、その理由とは。

RacingDiaryでは今回のヘレスラウンドでHOJUST RACINGを幾度となく取り上げておりますが、それには明確な理由があります。


その理由とは”HOJUST RACINGが来シーズンのランボルギーニ・スーパートロフェオに参戦しない意向を耳にしたから”でした。


”ときにはプロクラスを食ってしまう活躍を見せる強豪チーム”となったHOJUST RACINGが来シーズンのスーパートロフェオに参戦しないという話を耳にした際には大変驚き、『いったいなぜ?』とばかり思いました。


そこで、宮澤代表に2020年シーズンにスーパートロフェオに参戦しない理由も明かして頂いた。


やっぱりみんなプロではなく、素人が集まっているので、私もそうですが・・・みんな仕事を持っています。


みんな仕事を休んで全6戦、マレーシアの開幕戦からスペインまで頑張ってくれたので・・・みんなやっぱり家のこと、仕事のことを疎かにして来てくれているから・・・もう3年で区切りたいと考えていました。


来年1年間は休んで・・・周りから「もう1回やろう」という声が上がれば、再来年の2021年にスーパートロフェオなのか、別のレースなのかはまだわかりませんが参戦しようとは思っています。」




ワールドファイナルの目標

最後に、宮澤代表に10/26~27に開催されるランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルの”正直な目標”を伺った。



「プロアマクラスの優勝、プロアマクラスで”世界一”を取りたいと思っています。




ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルは10/26~27に、アジアシリーズの最終戦となったスペイン、ヘレス・サーキットで開催。


これまでのアジア、アメリカ、ヨーロッパで開催されていたシリーズとは全く違う扱いのイベントであり、2つの予選と2つの決勝レースで”ワールドファイナルチャンピオン”と呼ばれる『ランボルギーニ・スーパートロフェオの世界一』を決定するレースです。


全車一斉出走は台数が多すぎて危険なため、セッションは『プロクラス+プロアマクラス』と『アマチュアクラス+LCクラス』の2つに分けられそれぞれで予選と決勝が行われます。


”車好きのおじさん達”ことHOJUST RACINGが世界とどう戦うのか、そして”HOJUST RACINGにとって最後のスーパートロフェオでのレースかもしれないこのワールドファイナルの模様も引き続きお届け致します。



ALL Text by RacingDiary

Photo by Kakochiii & RacingDiary編集部



おすすめ記事


和歌山から世界へ挑む。チーム和歌山 HOJUST RACINGのヘレスラウンドを追う


ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルだからこその光景?「トロフェオ、売るよ!」


根本悠生がポールポジション!!スーパートロフェオ・ヘレスラウンドで幸先のいいスタート!!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department