ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルだからこその光景?「トロフェオ、売るよ!」

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルの取材で10月23日の水曜日からスペイン、ヘレス・サーキット入りしたRacingDiary編集部。


メディアクレデンシャル&パーキングパスの受け取り、ご挨拶、インタビュー、初サーキットなので撮影ポイントの確認などを進めていた中、パドックの隅に1台の黒いランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVOを発見しました。



Photo by RacingDiary

EVOキットを装着したブラックのウラカンはインテークとルーフの中央部だけレッドが入り、OMP以外のスポンサーロゴなどが剥がされた状態です。



Photo by RacingDiary

フロントウィンドウに置かれた『FOR SALE』の文字。


来シーズン参戦するつもりがない、もしくは余剰となった車両を手放したいエントラントが置いている(?)かのようです。


しかしながら、どこのエントラントの持ち物なのか、価格はいくらなのかなどの具体的情報がないことから・・・


『パーツ取りの車両を使ったネタ』


の線が非常に高いと感じます。




Photo by RacingDiary

『これさえ買えば、すぐにあなたもスーパートロフェオに参戦!!』


というような簡単なものではないとは思いますが、ワールドファイナルを観戦にヘレスへやって来て、レースの面白さの虜になりその場で『参戦したい!!』と感じる人も0ではないと思います。


こちらの車両が最終日の10月27日までに「売却先が決まった」等の情報が入れば随時続報をお伝えしたいと思います。



ALL Photo & Text by RacingDiary


おすすめ記事


和歌山から世界へ挑む。チーム和歌山 HOJUST RACINGのヘレスラウンドを追う


根本&アウ、新たなカラーリングでワールドファイナルに挑む。


2020年度ランボルギーニ・スーパートロフェオのカレンダーが発表。富士&鈴鹿は継続。ワールドファイナルはイタリア・ミサノに決定。


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department