ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルにエマニュエル・ピロとアントニオ・"トニー"・カイローリがワイルドカード参戦!!


Photo by Automobili Lamborghini SpA

2019年10月15日 、ランボルギーニはモトクロス世界選手権で9度のチャンピオンに輝いたアントニオ・”トニー”・カイローリとル・マン24時間を5回制覇したエマヌエーレ・ピロの2名が2019年10月24日~25日にスペインのヘレス・サーキットで開催されるランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルにワイルドカードとして参戦することを発表した。


2018年に第84回モンツァ・ラリーショーでヒュンダイi20 WRCを操りクラス優勝し、トロロッソのF1マシンを(マーケティングの一環として)テストドライブしたこともあるカイローリですが、GTカーでのレースは今回が初めて。


しかし、イタリア・ヴァレルンガでのテスト走行でウラカン・スーパートロフェオ Evoをドライブしたカイローリは良いポジションを獲得できると確信している。


「ヴァレルンガでテストドライブをする機会を与えてくれたランボルギーニに感謝します」とカイローリはコメント。


「このクルマは本当に素晴らしい、テスト2日目を部分的に台無しにした天気を除いて全てが順調に進みました。私たちはデビュー戦となるワールドファイナルを楽しみにしています。」


この有名な”ビギナードライバー”のチームメイトは、モータースポーツの伝説であるエマニュエル・ピロ。


ランボルギーニのモータースポーツコンサルタントとしても活動しているルマンのレジェンドは「ドライバーの一人としてスーパートロフェオに参戦することにより、スーパートロフェオの仕組みを内部から知るのに最適です」とコメント。



2人の乗るウラカン・スーパートロフェオEVOのカーナンバーは222、これはカイローリがモトクロスで使用する番号に由来しています。


エマニュエル・ピロとアントニオ・"トニー"・カイローリの特別チームは10月25日金曜日のスーパートロフェオ・アジアの第6ラウンドにプロアマクラスで参戦。


その後、26日土曜日の午後5時と、27日日曜日の午後4時に開催されるランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルの2つの決勝にワイルドカードとして参加。


週末の完全なスケジュールは、squadracorse.lamborghini.comに掲載されています。


すべてのレースは、ランボルギーニ・スクアドラコルセのウェブサイト、Facebookページ、YouTubeチャンネルのライブストリームで視聴可能です。



Text by RacingDiary


ランボルギーニの大群を見にヘレス・サーキットへの行ってきます!!① 準備編


ランボルギーニ・スーパートロフェオってどんなレース?

赤い渦巻きの理由。WALL RACING/ADRIAN DEITZ【海外レーシングチーム紹介シリーズ】

気分はセレブ?! ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアのホスピタリティラウンジに潜入レポート!!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department