FIA Motorsports Games GTカップの日本チームのドライバーは濱口弘&笹原右京!!



2019年9月19日、アンドレア・カルダレッリがチーム代表を務めるイタリアのFFF RacingはFIA Motorsports Games 2019のGTカップへ”Team Japan”として参戦することを発表しました。


ドライバーは2019年 ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパでプロアマクラス王者に輝いた濱口弘選手と、ポルシェ・カレラ・カップ・ジャパンの王者に輝いた笹原右京選手。


車両はランボルギーニ・ウラカン GT3 EVOを使用します。


FIA Motorsports Gamesは、昨年バーレーン・インターナショナルサーキットで開催されたGT3の国別対抗戦”FIA GTネイションズカップ”を発展させたイベントです。


GT3で争われるGTカップ、TCRで争われるツーリングカーカップ、FIA-F4カップ、ドリフトカップ、カートカップ、デジタルカップ(eスポーツ)の6カテゴリーで開催されます。


FIAとSRO Motorsports Groupと共同で開催する本イベントは2019年10月31日から11月3日までイタリア・ローマの特設会場とバレルンガ・サーキットで開催される予定です。


昨年のFIA GTネイションズカップで開始された”ナショナルチーム”のコンセプトをそのままに、国ごとに1チームがエントリーできます。


エントリーは世界各国にある各国スポーツ機関(ASN/日本の場合はJAF)によって選出されます。


(JAFへの応募締め切りは2019/8/19でした)



昨年の”FIA GTネイションズカップ”では、Team JapanとしてKen Seto選手と近藤保選手がAFコルセのメンテナンスによるフェラーリ 488 GT3で参戦し、12台中11位で完走しました。




濱口弘選手

Photo by FFF Racing Team

42歳の濱口弘選手はGT OpenやブランパンシリーズなどでGT3レースでの経験が豊富なドライバー。


今年の鈴鹿10Hにもロータス・エヴォーラ MCから参戦。


FFF Racingとの関係も深い、海外でレース参戦を続けるジェントルマンドライバーだ。




笹原右京選手

Photo by RacingDiary

濱口弘選手のチームメイトとなる23歳の笹原右京選手にとっては久々のヨーロッパでのレースです。


そしてGT3車両、そしてランボルギーニ・ウラカン GT3 EVOでのレースは初めての経験となります。


Photo by RacingDiary

アジアF3でもチャンピオンシップをリードする笹原右京選手。


GT3ではどのようなレースを魅せるのでしょうか。


非常に楽しみなタッグでの参戦に、注目が集まります。


Text by RacingDiary



おすすめ記事


アンドレア・カルダレッリが代表を務めるFFF Racing Teamとは?【海外レーシングチーム紹介シリーズ】



ポルシェカレラカップジャパン タイトル獲得記念!! 笹原右京 写真まとめ



国別対抗戦『FIA Motorsport Games』の詳細発表!! KCMG製のFIA-F4も!!


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department