eスポーツ×モータースポーツの架け橋となるか? ”JeGT GRAND PRIX ZERO ROUND @KOBE”とは。


引用元:https://www.jegt.jp/

JeGT実行委員会は、eスポーツとモータースポーツのコラボによる新たなレースカテゴリ―「Japan electronic Grand Touring(以下、JeGT)」を立ち上げを発表。


同時に、プレ大会として「JeGT GRAND PRIX ZERO ROUND @KOBE」を2019年9月29日(日)、兵庫県神戸市の神戸ファッションマートで開催することを発表した。


JeGTはプロレーシングチームとプロゲーミングチームを中心に参戦を募り、リアルモータースポーツと同様に、年間を通じたラウンド制によるレース大会を全国の商業施設等で実施を予定している。


ZERO ROUNDとして開催されるプレ大会にはプロレーシングチームとしてSUPERGTに参戦しているD‘station Racing、スーパー耐久の冴えカノレーシングでお馴染みのRFCレーシングが参戦を予定。


中でも、D‘station Racingのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手の参戦は大きな話題を呼んでいる。


プレ大会である今回はPlayStation®4 用ソフト「グランツーリスモSPORT」を使用。


最大12チームにより予選と決勝レースを行い順位を競うというものだ。


JeGT実行委員会によれば、


”クルマ業界における「若者のクルマ離れ解消」と、eスポーツ業界における「国内市場のさらなる発展」を目指している。”とのこと。


ここまで目を通した読者の多くが「なぜ神戸で?東京じゃないの?」と疑問に思ったのではないでしょうか。


JeGT実行委員会のプレスリリースによると


”モータースポーツが行われる会場は、 サーキット場や郊外の空き地など限られた場所がほとんどです。”


”そのため来場者の多くは元来のクルマ好きであり、クルマの魅力を知らない層への訴求が課題となっています。”


”一方のeスポーツは、大小さまざまな会場で開催が可能なカテゴリーであり、会場を限定せずに行うことができるため、開催地域の賑わいづくりにも貢献します”


ということだ。


eスポーツ×モータースポーツを通じた地方活性化への貢献も期待したい。





神戸ファッションマートへのアクセス

引用元:https://www.kfm.or.jp/

会場となる神戸ファッションマートは神戸市東灘区にある人工島”六甲アイランド”のほぼ中央に位置する。*


JR神戸線の住吉駅、もしくは阪神電車の魚崎駅から六甲ライナーに乗り、アイランドセンター駅 で下車すれば会場は目の前です。


新幹線の新神戸駅から電車を乗り継ぎ50分、神戸の中心地三宮からも40分かかる場所ではありますが、


JeGTのメインステージとは別に「NISSAN GT-RとJeGT」や「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50周年記念車」をはじめとした日産自動車による車両展示、


出場チームが所有するレースカーの特別展示会、


キッズメカニック体験などの屋外展示もできる場所と考えれば、条件に合う会場が市の中心部にはないのでは?


というのが神戸市出身者の感想です。


公共交通機関だけでアクセス可能、ということで中高生でも一人で出掛けやすいという印象だ。


*念の為ではありますが、六甲アイランドとポートアイランド(六甲ライナーとポートライナー)をお間違えないよう、ご注意下さい。




まとめ


9月29日といえば、神戸市からもほど近い岡山国際サーキットで全日本選手権スーパーフォーミュラや全日本F3選手権、TCR Japanなどのビッグレースの開催もあります。


RacingDiary編集部としては「JeGT GRAND PRIX 」に今後”ビッグレース”と呼ばれるイベントになるのではという期待も抱いており、こちらも現地取材を行う予定です。


お楽しみに!!




ALL Text by RacingDiary



おすすめ記事


『コミケとモータースポーツ』について!!


自称業界最小最弱も魅力はぎっしりArnage Racing


GT300参戦中のR'Qsがクラウドファンディングを開始。


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department