世界限定8台のランボルギーニ!!「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」とは?



ランボルギーニ・ウラカンのワンメイクレース『ランボルギーニ・スーパートロフェオ』がアジアシリーズの開催して今年で8年目。

それを記念して世界限定8台の記念モデル「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」が2019年6月22日、SUZUKA RACE of ASIAの開催される鈴鹿サーキットで発表されました。


「なぜ8周年?中途半端だなぁ」


と思う方も居られるかもしれませんが、中国では8という数字が末広がりで縁起がいいから、とのこと。


価格は275,000ユーロ、日本円で約3,200万円ほど。


ランボルギーニのワンメイクレース「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」にも参戦が可能な車両ということを考えると高くはないモデルです。


(私は逆立ちしても買えませんが・・・)





カラーリングは時計からインスピレーションを受けたもの


外観はホワイトを基調にフロントバンパー、フード、サイド、ディフューザー、リアフィンにゴールドのディテールを施し、HuracánSuper Trofeo Evoの極端な空力特性を強調。


こちらはランボルギーニのパートナーである、時計メーカーのROGER DUBUISの2019年の新作『Excalibur Huracán』にインスピレーションを受けてデザインされたとのこと。


ROGER DUBUIS『Excalibur Huracán』

他のウラカン・スーパートロフェオ EVOとの違いは特別なカラーリング、だけではありません。


専用ECUを搭載し、通常のスーパートロフェオ EVOに比べ10馬力アップし、630馬力を出力します。




もちろんレースにも参戦可能!!



こちらの「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」でスーパートロフェオ のレース出る場合はECUの書き換えで対応できるとのこと。


なお「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」とは別に、世界20台限定で「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 」というモデルもあり・・・非常にややこしい状況ではあります。


Photo:https://squadracorse.lamborghini.com/

こちらはマットブラックカーボンファイバーのボディにゴールドを配色したモデルです。


「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」と同じく、630馬力を出力します。



まとめ


限定8台ということで、レーシングカーファンだけではなく、スーパーカーファンにも注目を集めた「Huracan Super Trofeo EVO Collector Edition 2019 ASIA」。


手に入れることができるのは世界で8人ということですが、もしどこかのサーキットで見かけることができればレポートしたいと思います。


Text by RacingDiary



おすすめ記事


ランボルギーニ・スーパートロフェオってどんなレース?


『コミケとモータースポーツ』について!!


韓国インターナショナル・サーキットへの旅 第1章 関空〜離陸


1575314279_1575314289

モータースポーツ情報&ニュースサイト『RacingDiary』

海外レースやeモータースポーツ​の情報も満載!!

Motorsport Web Magazine for Japanese.

Copyright © Racing Diary Editorial Department